オイコクレジット・ジャパン~出資でできる国際協力

私たちは、オランダに本部を置く<開発協力のための協同組合>オイコクレジットの、日本で唯一の支援組織(SA)です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

インドの自助グループの取組み 

インド・スタディツアー報告 1

インドの自助グループの取組み 
-未来を少しづつ作る-  

インド
やし皮繊維の加工用機械を使うBaba Rahuriath自助グループのメンバー

Shanyidan集落は、インド東部のオリッサ州Khurdaの近郊にあります。この集落には、ハンセン病患者を抱える35の家族が暮らしています。

Baba Rahuriath自助グループの8人の女性メンバーが私たちを迎えてくれました。自助グループは、女性達が集まって少額の預金を行い、その中からメンバーに貸付を行う仕組みで、オイコクレジットも支援しています。彼女達は、やし皮繊維加工用の新しい機械をまず最初に紹介したいらしく、実演の用意は万端でした。彼女たちの技術は高く、自分たちのビジネスを誇りに思っています。実際、このビジネスは最近表彰されました(ちょっと話を聞こうと座ったときに、その時の表彰状を自慢げに見せてくれました)。

その新しい機械が入ってから生産量は5倍に増えました。以前は、8時間の労働で10kgのロープを作っていましたが、今は同じ時間で50kgのロープを作ることができます。それに、その機械は2人だけで操作できるので、他のメンバーは別の作業をすることができます。彼女たちは、得られた利益をどう使うかという計画を持っていて、それを生きがいとして前向きに取り組んでいます。

自助グループの一人、Maratiは、トイレを設置し住居を改善するための個人ローンをMF機関のAMPLから借り入れました。この集落には、あと1週間で水道が引かれる予定で、その水道がくればMaratiのトイレは完成します。彼女は、3人でグループを作りこのトイレローンを組みました。このような新しい取り組みが、他のメンバーも同じようにトイレを新設しようという気にさせるのではないかと思います。

2週間にわたるシバ神の祭りが終わり、後片付けをみんなでするということで、私は多くの感動と体験を胸にホテルへ戻りました。一つ確かなことは、今日出会ったこの女性たちは、自分たちの未来をその手で少しずつ作り出しているということです。彼女たちは与えられた機会を逃さず一生懸命働いて、冷蔵庫やバイク、みんなでピクニックに出かけるというような夢を叶えようとしています。夢が実現できるかどうかは彼女たち次第なのです。
(翻訳協力: 東京YWCA 国際語学ボランティアズILV、ファンドリッチ)
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

オイコクレジット・ジャパン

Author:オイコクレジット・ジャパン
|
世界には、勤勉に働きながら、なんとか生計を維持することしかできず、貧困から脱却できない人々がいます。また、地域の人々が必要とする有益なサービスを提供しながら、それを拡大できない事業があります。

他方で、余剰資金を有意義な活動に活かしたいと考えている市民、一般の金融機関を通すと、地球や地域社会に有害な私達が望まない活動に流用されるかもしれないことを不愉快に感じている地球市民も数多くいます。

Oikocreditは、この両者をつなぐ「社会的責任投資」のための国際組織です。心ある人々から出資を募り、貧困からの脱出に日々努力している人々や、地域社会の発展に有益な事業にとりくむ人々に、地域社会への恩恵の還元や女性の社会的地位の向上といった独自の基準を適用して投資をおこなっています。

皆さんも、この「Investment in People(支援する価値のある人々への投資)」に参加し、お金の流れをかえて行きませんか?

オイコクレジット・ジャパンは、Oikocreditの日本における支援組織(サポート・アソシエーション)です。

代表 岡本眞理子
(日本福祉大学国際福祉開発学部教授)

連絡先
<事務局>
〒564-0051
大阪府吹田市豊津町43-27
小吹岳志気付

Tel/Fax:06-6339-3983
E-mail: japan@oikocredit.org



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。