オイコクレジット・ジャパン~出資でできる国際協力

私たちは、オランダに本部を置く<開発協力のための協同組合>オイコクレジットの、日本で唯一の支援組織(SA)です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2014年度オイコクレジットの実績報告プレスリリース 

社会的投資のパイオニア、オイコクレジットは2014年度も堅調な成果を達成
-オランダ、アメルスフォールトにて、2015年3月24日-


 社会的投資機関で国際協同組合のオイコクレジットは、2014年度の堅調な成果を発表しました。主な成果は次の通りです。

・当期純利益は前年度より28%増の1710万ユーロ(約25億円) 
・開発向けの投融資額は24%増加し7.35億ユーロ(約1,081億円)に到達
・2014年度の新規融資の貸付実行額は10%増加し3.38億ユーロ(約497億円)に
・貸付用資金の増加は前年度より1.4%増の8150万ユーロ(約120億円)
・出資者には2%の配当を提示
・90万ユーロ(約2.8億円)が投資先のパートナー機関の能力強化プログラムに利用

 2014年も、63カ国の805のパートナー機関に対し、オイコクレジットは包括的な金融、農業、再生エネルギーの分野で戦略的な投資を実施してきました。上記の堅調な成果を踏まえて、1710万ユーロ(約25億円)の純利益から1320万ユーロ(約19億円)が出資者に配当として出されます。2014年の開発向けの投融資額は前年度の5.9億ユーロ(約868億円)から24%増加し7.35億ユーロ(約1,081億円)に拡大しました。新規融資承認額は前年度の2.97億ユーロ(約437億円)から29%増という記録的な伸びを示し3.84億ユーロ(約565億円)に達しました。新規融資の貸付実行額も前年度の3.06億ユーロ(約450億円)から10%増の3.38億ユーロ(約497億円)になりました。

 オイコクレジットのマネージング・ダイレクターのDavid Woods氏は、これらの成果は、社会・環境・財務の3つの目的をバランス良く追求するオイコクレジットのビジネスモデルの健全さを示しているとしています。 「2014年に我々は新しい分野への投資の多様化を進めたほかこれまでの投資も強化し、その結果として投資リスクを軽減することができました。また、農業、特にアフリカでの農業や、再生エネルギーへの投資は、すぐに成果を生み出しました。」 また、Woods氏は述べています。 「投資先のパートナー機関が責任ある形で事業を拡大できるように、我々は従来の開発金融に『プラス』するアプローチを取ってきました。2014年もパートナー機関に対して社会的業績をあげるための支援を行ってきましたし、189の能力強化プログラムを190万ユーロ(約2.8億円)の資金を使って実施しました。」

強い投資家の基盤
 2014年に、貸付用資金は、前年度より1.4%増の8150万ユーロ(約120億円)増と伸びました。投資家数も前年度の52,000から53,000に増え、オイコクレジットの強固なかつ忠実な投資家の基盤を示しています。設立から40年の間に、オイコクレジットは1670のパートナー機関に21億ユーロ(約3,000億円)の開発向け投融資を行ってきましたが、そのうち半分は過去5年間に実行されたものです。

今後の展望
 2015年も、オイコクレジットは投資先を多様化しまた質も確保して成長していきます。Woods氏は、オイコクレジットは今後もその社会的ミッションに忠実であり、社会的業績を優先事項とし、社会的金融による長期的な効果を評価するインパクト研究にも焦点を当てていくと述べています。 「持続的な開発の状況はこれからも成長しかつ変化していくでしょうし、我々もその変化と共に変わっていくでしょう。そして、これからの5年間で、我々は、社会・環境・財務の3つの目的のベスト・ミックスにより、世界の中でも最も真摯に社会的責任を追及するインパクト投資機関*となるでしょう。」

オイコクレジットは、社会的な投資を行う世界的な協同組合で、マイクロファイナンス、フェアートレード、協同組合、中小企業などに投資しています。

注*: インパクト投資とは、社会的な課題を解決しながら経済的な利益も生み出す投資のこと。

2014年12月末の実績
総資産                 9億0700万ユーロ(約1333億円)
融資残高合計             7億3500万ユーロ(約1080億円)
融資プロジェクト・パートナー合計 805
その内マイクロファイナンス・パートナー数 549
平均融資規模                       約110万ユーロ
マイクロファイナンス機関に対する平均融資規模 約120万ユーロ


コンタクト先:
Oikocredit International
Kawien Ziedses des Plantes
kziedsesdesplantes@oikocredit.org
+31 (0)6 272 549 04

オイコクレジット・ジャパン
事務局長 小吹岳志
〒564-0051 吹田市豊津町43-27
TEL&FAX : 06-6339-3983
japan@oikocredit.org
jafs-samasama@nifty.com
http://oikocredit.blog32.fc2.com/(日本語)
https://www.facebook.com/OikocreditJapan?fref=ts(facebook)
http://www.oikocredit.coop/(オランダ本部)
スポンサーサイト
( 2015/03/25 10:34 ) Category オイコクレジットの実績 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

オイコクレジット・ジャパン

Author:オイコクレジット・ジャパン
|
世界には、勤勉に働きながら、なんとか生計を維持することしかできず、貧困から脱却できない人々がいます。また、地域の人々が必要とする有益なサービスを提供しながら、それを拡大できない事業があります。

他方で、余剰資金を有意義な活動に活かしたいと考えている市民、一般の金融機関を通すと、地球や地域社会に有害な私達が望まない活動に流用されるかもしれないことを不愉快に感じている地球市民も数多くいます。

Oikocreditは、この両者をつなぐ「社会的責任投資」のための国際組織です。心ある人々から出資を募り、貧困からの脱出に日々努力している人々や、地域社会の発展に有益な事業にとりくむ人々に、地域社会への恩恵の還元や女性の社会的地位の向上といった独自の基準を適用して投資をおこなっています。

皆さんも、この「Investment in People(支援する価値のある人々への投資)」に参加し、お金の流れをかえて行きませんか?

オイコクレジット・ジャパンは、Oikocreditの日本における支援組織(サポート・アソシエーション)です。

代表 岡本眞理子
(日本福祉大学国際福祉開発学部教授)

連絡先
<事務局>
〒564-0051
大阪府吹田市豊津町43-27
小吹岳志気付

Tel/Fax:06-6339-3983
E-mail: japan@oikocredit.org



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。