オイコクレジット・ジャパン~出資でできる国際協力

私たちは、オランダに本部を置く<開発協力のための協同組合>オイコクレジットの、日本で唯一の支援組織(SA)です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【OCJメルマガNO.43(2015-01-15)】  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆ オイコクレジット・ジャパン・ニュース No.43 ◆◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
みなさん、遅まきながら明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

オイコクレジット・ジャパンも毎年出展しているワンワールド・フェスティバル開催まであと1ヶ月を切りました。昨年12月26日に高校生に限定した「ワンフェスforユース」が開催されました。ブース出展、プレゼン、研究発表、パネル展示に、24校が応募し、熱い催しになりました。テーマも、「原発」、「子どもの貧困」「岸和田のハザードマップ作り」「集団的自衛権」
「日本の食料問題」「エネルギー問題」「水について考える」「新しいフェアトレードのカタチ」などなど、現在のあらゆる問題について研究し、そして自分たちなりの提言、実際の活動を、熱く語ってくれました。こういう子どもたちが国際協力の分野に入ってくれると、本体のワンフェス、さらには日本の国際貢献の未来も明るいと安心です。ワンフェスも、彼らに任したほうがいいかもしれません。
ワンフェスforユース
http://kansaingo.net/7663/
私の報告です。
https://www.facebook.com/takashi.kobuki.3

オイコクレジット・ジャパンのfacebookができました。今後ブログだけでなく、こちらにも情報を載せていきますので「いいね!」をよろしくお願いします。」
https://www.facebook.com/OikocreditJapan?fref=ts
――――――――――――目次ーーーーーーーーーーーーーーー
1.オイコクレジット・ジャパン@ワンフェス
2.「マイクロファイナンス・シンポ」@ワンフェス
3.オイコクレジット40周年
4.オイコクレジット再生可能エネルギーへの投資を拡大
5.「社会的企業論」にオイコクレジット・ジャパンが紹介
6.社会的金融@日経新聞
7.オイコクレジット2014年9月末現在の実績
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1.オイコクレジット・ジャパン@ワンフェス
今年も西日本最大の国際協力のイベント、ワンワールド・フェスティバル(略称ワンフェス)に出展します。事務局の小吹はワンフェスの副実行委員長を務めていて全体の運営に回りますのでブースに常駐はできません。お手伝いいただける方は、事務局までご連絡ください。多くのNGOやJICA、国際機関なども出展します。また下記のフォーラムに登壇するNGOはすべてマイクロファイナンスを実施していますので、他の団体の取り組みを知るのにもいい機会だと思います。

第22回ワンワールド・フェスティバル
日時:2015年2月7日(土)~8日(日)10時~17時
会場:関テレアトリウム、メビック、大阪市北区民センター、扇町公園
交通:JR環状線天満駅3分、地下鉄堺筋線扇町駅直結
ワンワールド・フェスティバル
http://www.interpeople.or.jp/owf
フクサポ・プロジェクト(古着で国際協力)
http://www.interpeople.or.jp/owf/2014/12/post-44.html

2.「マイクロファイナンスにできること」シンポ@ワンフェス
ユヌス博士が2006年ノーベル平和賞を受賞してから一気に名前が知られるようになったマイクロファイナンス。現在130カ国に1万を超えるマイクロファイナンス機関(略称MFI)が活動していますが、MFIだけがマイクロファイナンスを実施しているわけではありません。今回途上国支援に取り組むNGOの、それぞれ独特の取り組みを紹介し、共有することで、新しい可能性を探りたいと思います。マイクロファイナンスを実践している団体がこれだけ揃って聞けるのは滅多にないことです。

日時:2015年02月07日(土)15時~17時
会場:大阪市北区民センター2階第5・6会議室
パネリスト
宮下和佳さん(ムラノミライ=旧ソムニード事務局長代行・インド)
竹久佳恵さん(AMDA社会開発機構海外事業部プログラムマネージャー・ミャンマー)
横山浩平さん(アジア協会アジア友の会海外プロジェクト担当・カンボジア)
小吹岳志さん(オイコクレジット・ジャパン事務局長・タンザニア)
モデレーター
野田沙良さん(アクセス事務局長・フィリピン)
問合せ:下記オイコクレジット・ジャパン事務局まで。

3.オイコクレジット40周年
オイコクレジットは、1975年より社会的投資を続けて、今年40周年を迎えます。[High Social Return, Mild Financial Return]を合言葉に、40年間元本割れを起こすことなく継続してきたソーシャル・ビジネスの先駆者として、今年も貧困削減に努めていきますので、よろしくご協力のほどお願いします。
なお、40周年記念ロゴが発表されました。下記facebookに掲載しましたので、ご覧下さい。
https://www.facebook.com/OikocreditJapan?fref=ts

4.オイコクレジット再生可能エネルギーへの投資を拡大
オイコクレジットは、南米、アフリカ、アジアをまたぐ再生可能エネルギーへの投資を目的とした新しい部署を発足しました。この事業を展開するため、オランダのアメルスフォールトにあるオイコクレジットの本部事務所に、新しい部署の責任者として、再生可能エネルギー金融の専門家であるDavid ten Kroode氏を迎えました。
詳しくは、下記ブログご覧下さい。
http://oikocredit.blog32.fc2.com/

5.「社会的企業論」にオイコクレジットが
昨年10月に発売された「社会的企業論~もうひとつの経済・山本隆編著:法律文化社発行」でオイコクレジットが紹介されました。オイコクレジット・ジャパンの出資者でもある小柴さん(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)が担当されたソーシャルファイナンスの章で取り上げていただいたもので、「日本におけるソーシャル・ファイナンスや志金循環に取り組む組織」として、西武信金や京都地域創造基金、ARUNなどとともに紹介されています。

6.社会的金融@日経新聞
1月7日付けの日経新聞に、ソーシャルビジネス、社会的インパクト投資、休眠預金の活用、地域金融機関など、社会的金融が紹介されています。
詳しくは、下記記事参照ください。
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO81652640X00C15A1EA1000/

7.オイコクレジット2014年9月末現在の実績
総資産              8億3100万ユーロ(約1180億円)
融資残高合計           6億5300万ユーロ(約927億円)
融資プロジェクト・パートナー合計 811
その内マイクロファイナンス・パートナー数 561
平均融資規模 9万6100ユーロ
マイクロファイナンス機関に対する平均融資規模 10万8100ユーロ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オイコクレジット・ジャパンは、途上国のマイクロファイナンス機関やフェアトレード団体、生産者組合などへ投融資を行う、オランダの協同組合オイコクレジットへの出資を募るための任意組合です。このニュースは、組合員、社会的金融、マイクロファイナンスに関心のある方にお送りしています。不要の方は下記までメールでご連絡ください。なお、過去のニュースは、下記のブログでご覧になれます。

++++++++++++++++++++++
オイコクレジット・ジャパン
事務局長 小吹岳志
〒564-0051 吹田市豊津町43-27
TEL&FAX : 06-6339-3983
japan@oikocredit.org
jafs-samasama@nifty.com
http://oikocredit.blog32.fc2.com/(日本語)
https://www.facebook.com/OikocreditJapan?fref=ts
http://www.oikocredit.org/site/en/(オイコクレジット本部・英語)
++++++++++++++++++++++

スポンサーサイト
( 2015/01/19 12:55 ) Category メールマガジン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

オイコクレジット・ジャパン

Author:オイコクレジット・ジャパン
|
世界には、勤勉に働きながら、なんとか生計を維持することしかできず、貧困から脱却できない人々がいます。また、地域の人々が必要とする有益なサービスを提供しながら、それを拡大できない事業があります。

他方で、余剰資金を有意義な活動に活かしたいと考えている市民、一般の金融機関を通すと、地球や地域社会に有害な私達が望まない活動に流用されるかもしれないことを不愉快に感じている地球市民も数多くいます。

Oikocreditは、この両者をつなぐ「社会的責任投資」のための国際組織です。心ある人々から出資を募り、貧困からの脱出に日々努力している人々や、地域社会の発展に有益な事業にとりくむ人々に、地域社会への恩恵の還元や女性の社会的地位の向上といった独自の基準を適用して投資をおこなっています。

皆さんも、この「Investment in People(支援する価値のある人々への投資)」に参加し、お金の流れをかえて行きませんか?

オイコクレジット・ジャパンは、Oikocreditの日本における支援組織(サポート・アソシエーション)です。

代表 岡本眞理子
(日本福祉大学国際福祉開発学部教授)

連絡先
<事務局>
〒564-0051
大阪府吹田市豊津町43-27
小吹岳志気付

Tel/Fax:06-6339-3983
E-mail: japan@oikocredit.org



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。