オイコクレジット・ジャパン~出資でできる国際協力

私たちは、オランダに本部を置く<開発協力のための協同組合>オイコクレジットの、日本で唯一の支援組織(SA)です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【OCJメルマガNO.42(2014-12-08)】  

【OCJメルマガNO.42(2014-12-08)】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆ オイコクレジット・ジャパン・ニュース No.42 ◆◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「金融CSR」「ソーシャル・ファイナンス」「社会的投資」といったキーワードに注目が集まり、日本でも多くの金融機関がCSR報告書を発行するようになりました。しかし、どの金融機関が環境や人権に配慮した方針を掲げているのか、一般市民や預金者、投資家等の外部の人間には分かりにくいのが現状です。

そこで、金融機関の投融資方針を「環境」、「人権」、「労働」、「兵器」などテーマごとに比較するウェブサイト「Fair Finance Guide」日本版が立ち上がりました。金融機関の投融資方針を調査・比較し、その結果をわかりやすく市民/預金者に提供することを通じて、金融機関のCSRに良い競争をもたらすことを目指しています。あなたも自分の利用する銀行が、どういうところへ投融資しているかチェックしてみませんか?
http://fairfinance.jp/bank/

このウェブサイトオープン公開記念セミナーが、12月9日東京で開催されます。
詳しくは、下記サイト参照ください。
http://www.aseed.org/2014/10/3023/
――――――――――――目次ーーーーーーーーーーーーーーー
1.マイクロファイナンス・フォーラム報告 11/16
2.オイコクレジット・ジャパン出資説明会報告 11/17
3.新規・追加出資のお願い
4.オイコクレジットの投融資基準
5.オイコクレジット・ジャパン@ワンフェス 2/7-8/2015
6.「社会的インパクト投資」を育てよう (日経記事)
7.オイコクレジット2014年9月末現在の実績
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1.マイクロファイナンス・フォーラム
「収益性とソーシャルインパクトを両立したMF投資」をテーマに、先月16日(日)、辻一人氏(CGAP取締役会長、埼玉大学教授)、Lianna Mora Vargas氏(オイコクレジット中南米地域事務所、社会的業績・能力開発コーディネーター)を招いてフォーラムが開催されました。Living in Peace(LIP)慎代表による「LIPが取り組んだ7つのMF貧困削減投資ファンドの振
り返り」、辻氏による「MFに対する社会的投資および社会的成果モニタリングの現状」、オイコクレジット・ジャパン岡本代表とリアナ氏による「オイコクレジットの収益性とソーシャルパーフォーマンスを両立させるための取り組み」の紹介など、実際にMFの現場で体験に基づくお話に、100人を超える参加者は大満足でした。
詳しい報告は、下記参照ください。
http://oikocredit.blog32.fc2.com/blog-entry-252.html

2.オイコクレジット・ジャパン出資説明会のお知らせ
フォーラムの翌日、そんなオイコクレジットを応援するための出資説明会が開催されました。
オイコクレジットとジャパンのこれまでの取り組み、実際の出資の詳しい方法、さらにリアナさんによる顧客の紹介など、10数名の参加者との熱い質疑応答がなされました。今後も適宜色んな地域での開催をかんがえておりますので、「うちの地元で開催してくれ!」という要望があれば出かけていきます。今後もよろしくご協力お願いします。

3.新規・追加出資のお願い
今年も12月末にオランダ本部に送金いたします。送金額が小さいと、相対的に費用がかかります。円安ではありますが、継続的な支援にご協力いただけば幸いです。ご協力いただける方は、事務局までご連絡ください。
TEL&FAX : 06-6339-3983
E-mail:japan@oikocredit.org
jafs-samasama@nifty.com

4.オイコクレジットの投融資基準
オイコクレジットのパートナーの選定基準は明確です。貧しく、社会的に不利な立場に置かれたり、周辺に押しやられた人たちが、オーナーまたはメンバーとして直接関わるプロジェクト。彼らの生活の改善を目的とした商品やサービスを直接受け取るプロジェクト。雇用を生み出したり、地域コミュニティの生産物を活用したり、地域コミュニティの果たされていない要求を満たしたりするプロジェクトなど。
さらに選定しない除外基準も定款に示されています。
詳しくは、下記サイトをご覧ください。
http://oikocredit.blog32.fc2.com/blog-entry-254.html

5.オイコクレジット・ジャパン@ワンフェス
西日本最大の国際協力のお祭り、ワンワールド・フェスティバル(略称ワンフェス)。オイコクレジット・ジャパンはワンフェスに出展、シンポジウムも開催します。来年の話ですが、ご予定ください。ブースのお手伝いも募集しますので、ご協力のほど、よろしくお願いします。
日時:2015年2月7日(土)、8日(日)10時~17時
会場:関テレ扇町スクエア・北区民センター・扇町公園
交通:大阪市営地下鉄堺筋線扇町駅直結
   JR環状線天満駅3分
入場:無料

6.「社会的インパクト投資」を育てよう
昨年6月の主要8カ国(G8)首脳会議で、議長国のキャメロン英首相の呼びかけで、社会的インパクト投資促進のため、各国に政府関係者や専門家からなる組織が設けられました。日本でもミュージックセキュリティーズや大和証券のように、社会貢献を組み込んだ金融商品が登場し、大阪府ではこのような資金活用の検討も始まっています。NPOバンクやオイコクレジット・ジャパンのような、社会的金融促進の流れは、国、自治体レベルでも始まっているのです。
詳しくは、下記日経記事参照ください。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO78008130W4A001C1PE8000/

7.オイコクレジット2014年9月末現在の実績
総資産              8億3100万ユーロ(約1180億円)
融資残高合計          6億5300万ユーロ(約927億円)
融資プロジェクト・パートナー合計 811
その内マイクロファイナンス・パートナー数 561
平均融資規模           9万6100ユーロ
マイクロファイナンス機関に対する平均融資規模 10万8100ユーロ
投融資国             63か国
出資国              15か国
詳しくは、下記Oikocreditのサイト参照ください。
http://www.oikocredit.coop/about-us/facts-figures/facts-figures

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オイコクレジット・ジャパンは、途上国のマイクロファイナンス機関やフェアトレード団体、生産者組合などへ投融資を行う、オランダの協同組合オイコクレジットへの出資を募るための任意組合です。このニュースは、組合員、社会的金融、マイクロファイナンスに関心のある方にお送りしています。不要の方は下記までメールでご連絡ください。なお、過去のニュースは、下記のブログでご覧になれます。
++++++++++++++++++++++
オイコクレジット・ジャパン
事務局長 小吹岳志
〒564-0051 吹田市豊津町43-27
TEL&FAX : 06-6339-3983
japan@oikocredit.org
jafs-samasama@nifty.com
http://oikocredit.blog32.fc2.com/(日本語)
http://www.oikocredit.org/site/en/(オイコクレジット本部・英語)
++++++++++++++++++++++

スポンサーサイト
( 2015/01/04 17:13 ) Category メールマガジン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

オイコクレジット・ジャパン

Author:オイコクレジット・ジャパン
|
世界には、勤勉に働きながら、なんとか生計を維持することしかできず、貧困から脱却できない人々がいます。また、地域の人々が必要とする有益なサービスを提供しながら、それを拡大できない事業があります。

他方で、余剰資金を有意義な活動に活かしたいと考えている市民、一般の金融機関を通すと、地球や地域社会に有害な私達が望まない活動に流用されるかもしれないことを不愉快に感じている地球市民も数多くいます。

Oikocreditは、この両者をつなぐ「社会的責任投資」のための国際組織です。心ある人々から出資を募り、貧困からの脱出に日々努力している人々や、地域社会の発展に有益な事業にとりくむ人々に、地域社会への恩恵の還元や女性の社会的地位の向上といった独自の基準を適用して投資をおこなっています。

皆さんも、この「Investment in People(支援する価値のある人々への投資)」に参加し、お金の流れをかえて行きませんか?

オイコクレジット・ジャパンは、Oikocreditの日本における支援組織(サポート・アソシエーション)です。

代表 岡本眞理子
(日本福祉大学国際福祉開発学部教授)

連絡先
<事務局>
〒564-0051
大阪府吹田市豊津町43-27
小吹岳志気付

Tel/Fax:06-6339-3983
E-mail: japan@oikocredit.org



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。