オイコクレジット・ジャパン~出資でできる国際協力

私たちは、オランダに本部を置く<開発協力のための協同組合>オイコクレジットの、日本で唯一の支援組織(SA)です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オイコクレジット・ジャパン総会報告2部 

第2部オイコクレジット・ジャパン総会議事録
1)2013年度活動報告(小吹事務局長)
・今年度も昨年度に続いてオイコクレジット東南アジア責任者のテスさんが来日。東京で開催された社会的投資のシンポジウムに参加された。またオイコジャパン組合員との対話も持たれ、オイコの先駆性と持続可能性に注目が集まった。
・例年同様、東京・大阪・神戸の各種イベントに参加、セミナーや出資説明会の開催、他団体との協働、高校・大学などでの講義を行ってきた。
・「社会的金融(事業)促進法案」は、自民党、金融庁との交渉となり、難航している
(詳細は同封資料参照)。

2)2013年度会計報告(宮崎・岡本運営委員)

・2013年度のオイコクレジット・ジャパンに関する決算報告(賃借対照表・損益計算書)及び出資収支報告を行った(添付資料参照)。
・2013年度は2012年度の後半期から続く円安の急激な進行による心理的ブレーキからか、出資は低調であった。
・本部からの「活動支援金」は、昨年度に続き得られなかった。
・未払いが10万以上残っているのは、出資金が少なかったために、再投資された配当金額相当分を相殺できていないから。収支上は十分な配当金でプラスとなっている。
*以上の内容について、満場一致で承認をいただいた。

3)2016年ビジョンの作成(小吹事務局長)
・NPO/NGOのアドバイザーに相談した結果、やはり中長期ビジョンを作成し、それを基に活動計画を策定すべしとご指摘をいただいた。そこで2014-2016年の3か年計画を作成した。今後この具体的目標達成のため、出資者・出資金増強に、組合員みなさんのご協力をお願いしたい。

4)2014年度活動方針(小吹事務局長)
・プロモーションの対象を、若い層からより資金があり、社会への貢献意欲が強い壮年、シルバー世代へのアプローチを図りたい。
・SNSの更なる活用し、対象を既存の組合員でなく、新しい層・チャンネルに対して、発信頻度を増やしていきたい。
・3年計画により、具体的な出資者数、出資金額の目標を設定したので、これをクリアできるよう、組合員のみなさんの人脈と協力をお願いしたい。(詳細は添付資料参照)。

今後の活動に対して以下のような意見をいただいた。
・クレジットカード等、ネットバンキングでもっと簡単な出資方法を模索すべきでは?
・郵貯口座だけでなく、新しく銀行口座を作ってはどうか?
・オイコは出資のお金の対象が見えにくい。MFIを通じてどうのこうのではなく、もっと最終顧客・受益者の姿と声を(潜在的)出資者に届けるべき。「自分のお金が世界で勝手に良いことをしてくれる」など、もっと簡単・わかりやすいキャッチフレーズを。
・1万円はハードルが高い。毎月2千円など、小口化すれば?

4)2014年度予算案説明(宮崎運営委員)
・今年度は自主セミナー、出資説明会等の頻度を上げるため企画費を増やした。
・ホームページ作成を本格的に始めるため、リーフレット・HP作成費も増強。
・「総会派遣補助費」について、2014年度のペルーでの世界年次総会には派遣しなかったので、派遣補助費は0円。
・積極的な拡大計画のために、活動費を提案より10万円追加で計上する。
・配当金を自動的に再投資する方法をやめて、活動費を確実に確保することにする。
以上についても、満場一致で承認をいただいた。

5)2014年度オイコクレジット・ジャパン運営委員選出
岡本眞理子(代表)、小吹岳志事務局長、青木理恵子、堀内美鈴、諏訪智子、宮崎寛子、粟野晴子(新)、吉田秀美(新)
以上の人事について、満場一致で賛同いただいた。
スポンサーサイト
( 2014/09/22 18:10 ) Category 年次総会報告 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

オイコクレジット・ジャパン

Author:オイコクレジット・ジャパン
|
世界には、勤勉に働きながら、なんとか生計を維持することしかできず、貧困から脱却できない人々がいます。また、地域の人々が必要とする有益なサービスを提供しながら、それを拡大できない事業があります。

他方で、余剰資金を有意義な活動に活かしたいと考えている市民、一般の金融機関を通すと、地球や地域社会に有害な私達が望まない活動に流用されるかもしれないことを不愉快に感じている地球市民も数多くいます。

Oikocreditは、この両者をつなぐ「社会的責任投資」のための国際組織です。心ある人々から出資を募り、貧困からの脱出に日々努力している人々や、地域社会の発展に有益な事業にとりくむ人々に、地域社会への恩恵の還元や女性の社会的地位の向上といった独自の基準を適用して投資をおこなっています。

皆さんも、この「Investment in People(支援する価値のある人々への投資)」に参加し、お金の流れをかえて行きませんか?

オイコクレジット・ジャパンは、Oikocreditの日本における支援組織(サポート・アソシエーション)です。

代表 岡本眞理子
(日本福祉大学国際福祉開発学部教授)

連絡先
<事務局>
〒564-0051
大阪府吹田市豊津町43-27
小吹岳志気付

Tel/Fax:06-6339-3983
E-mail: japan@oikocredit.org



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。