オイコクレジット・ジャパン~出資でできる国際協力

私たちは、オランダに本部を置く<開発協力のための協同組合>オイコクレジットの、日本で唯一の支援組織(SA)です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

息の長いパートナーシップ~ディバイン・チョコレート 

divine-chocolate.jpg

ディバイン・チョコレート社は“ココア栽培農家が所有する、チョコレートをこよなく愛する人たちのための”会社で、2006年からオイコクレジット・パートナーです。このチョコレート会社はココア生産者協同組合のKuapa Kokooが立ち上げました。現在はココア栽培農家が45%を所有する唯一のフェアトレード・チョコレート会社です。

Kuapa Kokoo会員や他の様々な社会的企業とともに、オイコクレジットは、ディバイン・チョコレートの資本パートナーで、役員会に一議席を保有しています。このたび、ディバイン・チョコレート社のマネージング・ディレクターのSophi Tranchellさんがオイコクレジット・インターナショナル・オフィスに来られ、ご自身の仕事やオイコクレジットとの協力についてお話されました。以下、彼女へのインタビューをご紹介します。

sophi-tranchell-divine.jpg


―オイコクレジットがディバイン社の役員会に入っていることにより、企業戦略や業績に貢献していますか?

「はい。オイコクレジットはたいへん親身に支援してくれるパートナーで、会社の専門性を高めてくれています。企業戦略で積極的な役割を果たしていて、業績全般の向上につながっています。役員会は年に4回開かれますが、そのうち3回は英国、1回はガーナで開催します。オイコクレジットは活発に意思決定し、ガーナ滞在中には村々やココア栽培農家の視察にもよく参加します。オイコクレジットのみなさんが、時間を割いてKuapa Kokoo組合のココア栽培農家と会って話しているということは、私たちの仕事を理解し、積極的に貢献しているということです。」

―オイコクレジットとKuapa Kokoo組合の両方が、ディバイン社の役員会に参加していますが、これをどう思いますか?

「非常に役に立つと思います。Kuapa Kokooが役員会にいるおかげで、農民たちが意見を表明し、対等に話しをすることができます。また、オイコクレジットがKuapaKokooのパートナーであることによって、農民たちの関心事を理解し、異なったレベルでそれに対処することができます。」

―株主についてはどのような資質を大切にしますか?

「私たちはディバイン社を“気の長い資本”と呼びます。投資がより長期的ということです。私たちの使命は社会的で、オイコクレジットの使命と相通じるものがあります。そしてそれこそ、私たちが株主に求めることです。私たちは自分たちの使命と価値観を株主と共有し、ココアがどこで取れるのか、なぜ保護を必要とする重要セクターなのかを理解していただきたいと願っています。株主のみなさんがディバイン社と共に歩み、ココア栽培農家に公正な代価を支払うという利益を分かっていただきたいのです。もちろん、これはオイコクレジットにも言えることで、長期的な社会的投資家としてガーナのココア栽培農家に配慮して下さっています。」

―ディバイン社とKuapa Kokooの今後の予定は?

「昨年、ディバイン社はKuapa Kokooラジオ番組を始めるお手伝いをしました。番組を通して65000人に様々な情報を届けました。この番組は大当たりして、今年も放送予定です。また、Kuapa Kokooの最も大切な戦略の一つとして、女性の組織化と女性自らがココア生産者になれるようエンパワーする支援にも取り組んでいます。更に、英国やヨーロッパ各地のサプライヤー調査や米国での認知度アップにも継続して取り組みます。もちろん、他社にない刺激的なフレーバーの商品開発にも常に取り組んでいきます。来年にはみなさまに新商品をお届けできると思います。」

オイコクレジットはディバイン・チョコレート社の資本パートナーで、ディバインLtd.(有限会社)に五十万ポンド、ディバインInc.(法人企業)に百十万米ドルを投資しています。さらに、運転資本としてディバイン社に120万米ドルの限度枠を提供しています。

(翻訳協力:堀内美鈴)
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

オイコクレジット・ジャパン

Author:オイコクレジット・ジャパン
|
世界には、勤勉に働きながら、なんとか生計を維持することしかできず、貧困から脱却できない人々がいます。また、地域の人々が必要とする有益なサービスを提供しながら、それを拡大できない事業があります。

他方で、余剰資金を有意義な活動に活かしたいと考えている市民、一般の金融機関を通すと、地球や地域社会に有害な私達が望まない活動に流用されるかもしれないことを不愉快に感じている地球市民も数多くいます。

Oikocreditは、この両者をつなぐ「社会的責任投資」のための国際組織です。心ある人々から出資を募り、貧困からの脱出に日々努力している人々や、地域社会の発展に有益な事業にとりくむ人々に、地域社会への恩恵の還元や女性の社会的地位の向上といった独自の基準を適用して投資をおこなっています。

皆さんも、この「Investment in People(支援する価値のある人々への投資)」に参加し、お金の流れをかえて行きませんか?

オイコクレジット・ジャパンは、Oikocreditの日本における支援組織(サポート・アソシエーション)です。

代表 岡本眞理子
(日本福祉大学国際福祉開発学部教授)

連絡先
<事務局>
〒564-0051
大阪府吹田市豊津町43-27
小吹岳志気付

Tel/Fax:06-6339-3983
E-mail: japan@oikocredit.org



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。