オイコクレジット・ジャパン~出資でできる国際協力

私たちは、オランダに本部を置く<開発協力のための協同組合>オイコクレジットの、日本で唯一の支援組織(SA)です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【OCJメルマガNO.37(2014-1-16)】  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆ オイコクレジット・ジャパン・ニュース No.37 ◆◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ワンフェスのシンポジウムに、代表の岡本が登壇することになりましたので、再送いた します。

評判の「永遠のゼロ」を見てきました。日本人としては本当に泣ける映画です。もちろ ん、この映画自体が素晴らしいことは言うまでもありません。しかし原作を読んだ時も感じたのですが、ここには戦った相手のアメリカ人の背景が出てきません。まあどこの国の映画も自国の人間がヒーローなのですが、それでも、戦争は感情を持つ双方の人間が、不幸にも違う立場になったがゆえ戦わざるを得なくなったということを描いてこそ普遍性を持つと思いますが、いかがでしょうか?

「国際化とは、不愉快な他者と共に生きていくこと。」辛淑玉(シン・スゴ)さんの言 葉です。「多様性はしんどい。けれど、そこからしか生まれてこないものがある。」ま してや国際協力を仕事にすることは……。ですが、そういう人たちが集まるイベントが、2月1-2日に開催されるワンワールド・フェスティバルです。実行委員会や事務局の仕事も最後の大詰めに入っています。是非一度国際協力の仕事をのぞきにきてくださ い。
http://www.interpeople.or.jp/owf
ワンワールド・フェスティバル
http://www.interpeople.or.jp/owf
--------------目次-------------------------------
1.ワンフェスに出展します。→ボランティア募集
2.ソーシャル・ファイナンス・シンポ@ワンフェス
3.フィリピンからの報告
4.南米ペルー アルパカへの投資
5.セネガルのマンゴー・マーケティング
--------------------------------------------------
1.ワンフェス出展
西日本最大の国際協力の祭典、ワンワールド・フェスティバル(略称:ワンフェス)が、今年も下記の日程で開催されます。今年もオイコジャパンは、Kiva Japanと共同出展いたします。ブースでお手伝いいただける方を募集していますので、下記事務局までご連絡ください。

ワンワールド・フェスティバル
日時:2014年2月1日(土)~2日(日)10時~17時
会場:大阪国際交流センター
アクセス:大阪地下鉄谷町線谷町九丁目駅徒歩7分
     近鉄大阪上本町駅徒歩5分
http://www.ih-osaka.or.jp/access/

2.シンポジウム ソーシャルなお金の預け方(仮)@ワンフェス*
  ~国内外の事例から~
日時:2013年2月2日(土)15時~17時
会場:大阪国際交流センター2階会議室C・D( 定員60名 )
参加費:無料

金融は、利益だけを追求しようとすると、リーマンショックのように、多くの被害者を出すことにもつながります。しかし社会をより良い方向に替えていこうとする者にとっ ては、富を再配分し、社会を変えていく手段にすることができます。預かったお金を、 社会的に意義のある事業に投融資してきた国内外の事例紹介を通して、より多くの問題 解決や人々の救済につながる、そんな新しい金融の流れを考えていきましょう。

パネリスト
多賀俊二さん(全国NPOバンク連絡会常任理事・事務局長、中小企業診断士)
法橋聡さん (近畿労働金庫 地域共生推進室長)
山下豊一郎さん(Kiva Japan代表、株式会社DoEvery代表取締役)
岡本眞理子さん(オイコクレジット・ジャパン代表、日本福祉大学国際福祉開発学部教
員)
コーディネーター
小吹岳志さん(ワンワールド・フェスティバル副実行委員長)
詳細、及び登壇者プロフィールは、下記サイトをご覧ください。
http://oikocredit.blog32.fc2.com/

3.フィリピンからの報告
メルマガの増刊号でもご報告したように、11月7-8日にフィリピンを襲った未曾有の台 風により、オイコクレジットの多くのパートナーや、その顧客に影響を与えました。特にこの地域における最大のパートナーCARDの場合、29万人の顧客の半分以上、そし て74人のスタッフが何らかの被害を受けました。オイコクレジットのフィリピン事務所は、disaster relief fundsを用意し、CARDも含めた3つのパートナーに提供しまし た。今後も情報を収集しながら、継続的な支援を続けていく予定です。
詳しくは、下記ニュース参照ください(英語です)。
http://www.oikocredit.coop/k/n171/news/view/58780/8951/update-on-oikocredit-s-
philippine-partners.html

また、増刊でご紹介したオイコクレジットの東南アジア地域事務所の責任者、テス・ピ ラピルさんからの報告とメールは、下記オイコクレジット・ジャパンのサイトに掲載し ています。
http://oikocredit.blog32.fc2.com/blog-entry-227.html

4.南米ペルー アルパカへの投資
南米ペルーアンデス山脈の標高の高い地域で群れをつくって暮らしているアルパカは、 高品質な毛がとれるので昔から飼育されてきました。オイコクレジットは2012年から、 約15,500人のアルパカ飼育者およびその家族に経済、社会、環境面での発展を支援して いるCOOPECANに協力してします。
詳しくは、下記記事参照ください。
http://oikocredit.blog32.fc2.com/blog-entry-228.html

5.セネガルのマンゴー・マーケティング
オイコクレジットの今年度の重点支援戦略の一つは、アフリカでの農業関連事業投資で す。セネガルの農村でも最も貧しいカザマンス地方は、農業は住民の数少ない収入源の一つであるにもかかわらず、生産者たちはインフラ整備の遅れや低所得水準、投資不足に悩まされています。農民たちが作ったマンゴーの約75%は廃棄されるか、ブローカー に捨て値で売られていました。オイコクレジット・センガルのマネージャーのSambou Coly氏は、パートナーと協力してCopex-Sud農民組合(会員3500名)を組織。さらにその中に、マンゴー加工会社、Les Saveurs du Sud株式会社を作って、組合からマンゴーや他の生産物を正当な価格で購入し、マンゴーを冷蔵し包装する近代的な加工工場を建設しました。オイコクレジットは生産者をひとつに結び、農業のバリューチェーンに株式とローンの両面から投資して、カザマンス地方の農民への確かな未来づくりを目指して います。
詳しくは、下記記事参照ください。
http://oikocredit.blog32.fc2.com/blog-entry-229.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オイコクレジット・ジャパンは、途上国のマイクロファイナンス機関やフェアトレード
団体、生産者組合などへ投融資を行う、オランダの協同組合オイコクレジットへの出資
を募るための任意組合です。このニュースは、組合員、社会的金融、マイクロファイナ
ンスに関心のある方にお送りしています。不要の方は下記までメールでご連絡ください
。なお、過去のニュースは、下記のブログでご覧になれます。
++++++++++++++++++++++
オイコクレジット・ジャパン
事務局長 小吹岳志
〒564-0051 吹田市豊津町43-27
TEL&FAX : 06-6339-3983
japan.sa@oikocredit.org
jafs-samasama@nifty.com
http://oikocredit.blog32.fc2.com/(日本語)
http://www.oikocredit.org/site/en/(オイコクレジット本部・英語)
ワンワールド・フェスティバル
http://www.interpeople.or.jp/owf
++++++++++++++++++++++
スポンサーサイト
( 2014/03/18 15:23 ) Category メールマガジン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

オイコクレジット・ジャパン

Author:オイコクレジット・ジャパン
|
世界には、勤勉に働きながら、なんとか生計を維持することしかできず、貧困から脱却できない人々がいます。また、地域の人々が必要とする有益なサービスを提供しながら、それを拡大できない事業があります。

他方で、余剰資金を有意義な活動に活かしたいと考えている市民、一般の金融機関を通すと、地球や地域社会に有害な私達が望まない活動に流用されるかもしれないことを不愉快に感じている地球市民も数多くいます。

Oikocreditは、この両者をつなぐ「社会的責任投資」のための国際組織です。心ある人々から出資を募り、貧困からの脱出に日々努力している人々や、地域社会の発展に有益な事業にとりくむ人々に、地域社会への恩恵の還元や女性の社会的地位の向上といった独自の基準を適用して投資をおこなっています。

皆さんも、この「Investment in People(支援する価値のある人々への投資)」に参加し、お金の流れをかえて行きませんか?

オイコクレジット・ジャパンは、Oikocreditの日本における支援組織(サポート・アソシエーション)です。

代表 岡本眞理子
(日本福祉大学国際福祉開発学部教授)

連絡先
<事務局>
〒564-0051
大阪府吹田市豊津町43-27
小吹岳志気付

Tel/Fax:06-6339-3983
E-mail: japan@oikocredit.org



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。