FC2ブログ

オイコクレジット・ジャパン~出資でできる国際協力

私たちは、オランダに本部を置く<開発協力のための協同組合>オイコクレジットの、日本で唯一の支援組織(SA)です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【OCJメルマガNO.29 (2012-11-27)】 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆ オイコクレジット・ジャパン・ニュース No.29◆◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
環境NGO、A SEED JAPANのエコ貯金プロジェクトは、都市銀行、地方銀行、労働金庫、
主要信用金庫に、金融機関の社会的責任に関する公開アンケートを送付しました。環境
問題、再生可能エネルギー、社会的事業への取り組み、情報公開など、今後の金融機関
の社会的課題への姿勢を問うものです。過去にクラスター爆弾製造企業への投融資を問
うことで、兵器産業から撤退させた実績があるだけに、今回のアンケートで、企業の社
会的責任、メッセージ等が関心を集めることになりそうです。今後一層社会的金融への
関心が高まれば、その先駆者であるオイコクレジットの先進性、持続可能性が大いに注
目を浴びることが期待されます。
詳しくは、下記サイト参照ください。
質問状:
http://www.aseed.org/ecocho/questionnaire/questionnaire12/questionnaire.pdf
参考資料:
http://www.aseed.org/ecocho/questionnaire/questionnaire12/reference.pdf
送付先一覧:
http://www.aseed.org/ecocho/questionnaire/questionnaire12_list.html

来年1月に初めて東京でオイコクレジットの説明会を開催します。また2月のワンワール
ド・フェスティバル@大阪では、マイクロファイナンスに関係する日本の団体を集めた
シンポジウムを開催します。ご予定ください。

--------------目次-------------------------------
1.オイコクレジット・セミナー@東京YWCA 1/19/2013
2.関西マイクロファイナンス連続ワークショップ 12/2/2012
3.第5回マイクロファイナンスフォーラム  12/9/2012
4.マイクロファイナンス・サミット(仮)@ワンフェス 2/3/2013
5.ベン・シムズ氏(本部執行責任者)との対話報告
6.グローバル・フェスタ@日比谷公園報告
7.エルセイボ前副理事長にお会いしてきました
8.オイコクレジット2012年9月末現在の実績
--------------------------------------------------
1.オイコクレジット・セミナー
 ―「出資」でできる途上国支援―

日 時:2013年1月19日(土)16時30分 ~ 19時30分
場 所:東京YWCA会館2階会議室207( 定員30名 )
アクセス:http://www.tokyo.ywca.or.jp/map/kanda.html
定員:30名(予約の方を優先します)
参加費:無料(ただし第二部は、組合員以外の方は500円)

第一部 : オイコクレジット・ジャパンへの出資説明会

オイコクレジットはオランダの協同組合で、途上国のマイクロファイナンス機関をはじ
め、生産者組合、フェアトレード団体など、途上国の人々の収入向上、貧困削減のため
の投融資を1975年から継続的に行ってきました。10月に東京で開催された社会的投資の
国際シンポジウムにオランダ本部のマネージング・ディレクターのベン・シムズが登壇
し、毎年2%の配当を続けてきたその持続可能なビジネス・モデルが、多くの方に感銘
を与えました。社会的投資の先駆者であるオイコクレジットの取り組みと、その支援団
体であるオイコクレジット・ジャパンの役割、そして日本にいながらオイコクレジット
の活動に参加できるその仕組みををご説明します。

第二部:オイコクレジット勉強会

最近のオイコクレジットの取り組み、特に多重債務者への対応、マイクロファイナンス
機関へのソーシャルパフォーマンス指標の適用、マイクロファイナンスの効果の評価方
法、さらにオイコクレジットが投融資してきたプロジェクト・パートナーの事例紹介を
いたします。また、オイコクレジット・ジャパンの現行金融関係の法律下での活動の制
限(無配当など)、社会的金融促進法(仮)の進捗状況などご説明できればと考えてい
ます。

特にこれまで、オイコジャパンの総会は関西で開催されてきたので、関東にお住まいの
組合員の方々との意見交換をしていたいと思います。

【申し込み・問い合わせ】
オイコクレジット・ジャパン事務局
〒564-0051 吹田市豊津町43-27
TEL&FAX : 06-6339-3983
E-mail:japan@oikocredit.org
jafs-samasama@nifty.com
携帯:080-1503-8193(当日午後0時以降)
参考サイト
http://oikocredit.blog32.fc2.com/(日本語)
http://www.oikocredit.org/site/en/(英語)

注意
*会議室は16時30分にしか開きませんので、早めにお着きの方は1階ロビーでお待ちく
ださい。
*17時30分で正面シャッターが閉まりますが、正面シャッター傍の通用口から入館でき
ます。

2.関西マイクロファイナンス連続ワークショップ
特定非営利法人プラネットファイナンスジャパンによる、マイクロファイナンスの連続
講座。講義やロールプレイングゲーム、グループワークなどを通してマイクロファイナ
ンスの商品やサービス、運営体制、法規制、社会的・経済的インパクト等 角的な視点
から学びます。
日時:2012年10月14日~12月2日(日)まで5回。
詳しくは、下記フェイスブックまで。
http://www.facebook.com/pages/PlaNet-Finance-Japan/137014653037011

3.第5回マイクロファイナンスフォーラム2012の案内
マイクロファイナンス機関の借り手来日決定!
  ~グループレンディングと貧困削減効果はいかに~

日時:2012年12月16日(日)14:00~17:30(開場13:30~)
場所:日本財団ビル(溜池山王、虎ノ門)
参加費:3,000円
バングラデシュのユヌス博士がはじめたマイクロクレジットは、5人組などグループに
よる連帯責任で高い返済率を実現し、貧困層の所得や資産の向上に寄与したとされてき
ました。果たしてそれは本当でしょうか?検証します。
詳しくは、下記サイト参照ください。
http://www.securite.jp/blog/community_news.php?ba=b10807a30584
主催:認定NPO法人Living in Peace
なお、LIPのマイクロファイナンス貧困削減投資ファンドの累計調達額は1億円を超えた
とのこと。まだまだニーズはありそうです。
http://www.musicsecurities.com/blog/community_news.php?ba=b10807a30578

4.マイクロファイナンス・サミット(仮)@ワンフェス
来年2月2-3日に開催されるワンワールド・フェスティバルで、標記のシンポジウム
の開催を予定しています。オイコクレジットや、Kiva Japan、Living in Peace、ARUN
に加え、世界中で展開するプラネット・ファイナンスの代表者・実務者が集まります。
日本で活動するマイクロファイナンス、ソーシャルファイナンスの関係者が一同に会す
る滅多にない機会です。詳細はブログ・メルマガ等に掲載しますので、ご予定ください


5.ベン・シムズ氏(本部執行責任者)との対話報告
国際シンポに登壇されたオイコクレジット本部の実務の責任者、ベン・シムズさんとの
対話には、岡本、小吹も含めて6人が参加されました。講演ではなく、直に少人数での
お話できるとあって、みなさん真剣です。今後のオイコクレジットの戦略や為替リスク
への対応などの堅い話から、失敗事例、オイコで働いて(16年間!)よかったこと悪か
ったことなど、硬軟様々なお話をしました。実務のトップとしてもちろんまったくの裏
話はできないのですが、70カ国に展開しているだけに、世界中の自然災害、クーデター
、金融危機などがすべてオイコクレジットの業務に影響してきます。その中で、社会的
企業として営利を追求することで、持続可能な経営を37年間続けられたこと、またボラ
ンティアのプロボノでなく、プロフェッショナルに徹してきたことが印象的でした。
参加者の報告は、下記サイトに掲載していますのでご覧ください。
http://oikocredit.blog32.fc2.com/blog-entry-193.html
http://oikocredit.blog32.fc2.com/blog-entry-190.html

6.グローバル・フェスタ@日比谷公園出展報告
今年は東京都主催の「緑化フェア」と共同開催のため、NGOエリアは奥の方に追いやら
れ、また足元も悪い(二日目は雨)ため、例年より悪条件での出店になりました。しか
し同じように「出資による国際協力」を目指すKiva Japanや Living in Peaceと隣接し
ての出店だったので、お互いに相互補完、協力しあえて、相乗効果はあったと思います
。来年2月のワンワールド・フェスティバル@大阪にも、出店、シンポへの登壇で協力
いただけることになりました。やはりまだまだ馴染みの薄い「出資」「マイクロファイ
ナンス」の認知度を上げることに今後も努力する必要があることを痛感しました。

グロフェスと社会的投資の国際シンポジウムの報告は、下記サイトに掲載しましたので
、ご覧ください。
http://oikocredit.blog32.fc2.com/blog-entry-190.html


7.エルセイボ前副理事長来日
オイコクレジットが21年間サポートしてきたボリビアのカカオ農民組合、エルセイボの
前副理事長が来日。名古屋でセミナーがあったので参加してきました。エルセイボのカ
カオを使いフェアトレード・チョコレートを販売しているピープルツリーが招聘。東京
・熊本・名古屋で開催されました。ソフィア・ウァリナ・アラビさんはとても小柄な方
で、唯一の女性の管理職。6人の子供を育てながら、監査部門マネージャーを努めまし
た。
セミナーの様子とソフィアさんの写真は下記サイトご覧ください。
http://jafssamasamajp.blog116.fc2.com/
エルセイボについて、オイコクレジットのレポートは下記参照ください。
http://oikocredit.blog32.fc2.com/blog-entry-110.html

さらに外務省NGO研究会の報告書「フェアトレードで世界を変えよう」の48ページに
、詳しいレポートが掲載されています。下記ACEのサイトからダウンロードが可能です

http://acejapan.org/modules/tinyd3/index.php?id=25

8.オイコクレジット2012年6月末現在の実績
融資残高合計        5億1600万ユーロ
融資プロジェクト・パートナー合計     862
そのうちマイクロファイナンス・パートナー数 595
業務開始以来の投資件数         2,533
平均融資規模         73万1532ユーロ
マイクロファイナンス機関に対する平均融資規模   81万0964ユーロ

(ソーシャルパフォーマンス)2011年12月31日現在
オイコクレジットのマイクロファイナンス・パートナーの顧客数
(68%のマイクロファイナンス・パートナーの報告に基づく 約2600万人
*その内、女性顧客の割合        83%                
*その内、農村地方の顧客の割合     53%

社会的企業の雇用者数        39,323
その内の正規雇用者数        24,083

活動国数            70カ国
出資者の数 約45,000(団体・個人含む)

詳しくは、下記サイトご覧ください。
http://oikocredit.blog32.fc2.com/blog-entry-192.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オイコクレジット・ジャパンは、途上国のマイクロファイナンス機関やフェアトレー
ド団体、生産者組合などへ投融資を行う、オランダの協同組合オイコクレジットへの
出資を募るための任意組合です。このニュースは、組合員、社会的金融、マイクロ
ファイナンスに関心のある方にお送りしています。不要の方は下記までメールでご連
絡ください。なお、過去のニュースは、下記のブログでご覧になれます。

++++++++++++++++++++++
オイコクレジット・ジャパン
事務局長 小吹岳志
〒564-0051 吹田市豊津町43-27
TEL&FAX : 06-6339-3983
japan.sa@oikocredit.org
jafs-samasama@nifty.com
http://oikocredit.blog32.fc2.com/(日本語)
http://www.oikocredit.org/site/en/(オイコクレジット本部・英語)
++++++++++++++++++++++
スポンサーサイト
( 2012/11/30 17:39 ) Category メールマガジン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

オイコクレジット・ジャパン

Author:オイコクレジット・ジャパン
|
世界には、勤勉に働きながら、なんとか生計を維持することしかできず、貧困から脱却できない人々がいます。また、地域の人々が必要とする有益なサービスを提供しながら、それを拡大できない事業があります。

他方で、余剰資金を有意義な活動に活かしたいと考えている市民、一般の金融機関を通すと、地球や地域社会に有害な私達が望まない活動に流用されるかもしれないことを不愉快に感じている地球市民も数多くいます。

Oikocreditは、この両者をつなぐ「社会的責任投資」のための国際組織です。心ある人々から出資を募り、貧困からの脱出に日々努力している人々や、地域社会の発展に有益な事業にとりくむ人々に、地域社会への恩恵の還元や女性の社会的地位の向上といった独自の基準を適用して投資をおこなっています。

皆さんも、この「Investment in People(支援する価値のある人々への投資)」に参加し、お金の流れをかえて行きませんか?

オイコクレジット・ジャパンは、Oikocreditの日本における支援組織(サポート・アソシエーション)です。

代表 岡本眞理子
(日本福祉大学国際福祉開発学部教授)

連絡先
<事務局>
〒564-0051
大阪府吹田市豊津町43-27
小吹岳志気付

Tel/Fax:06-6339-3983
E-mail: japan@oikocredit.org



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。