オイコクレジット・ジャパン~出資でできる国際協力

私たちは、オランダに本部を置く<開発協力のための協同組合>オイコクレジットの、日本で唯一の支援組織(SA)です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

グローバル・フェスタ&社会的投資シンポ報告 

GF2012.jpg
KivaJapan Living in Peaceと一緒に

グローバル・フェスタと社会的投資の国際シンポ(ARUN主催)が重なった10月上旬。東京在住の組合員のみなさんの協力で、何とか両方をこなすことができました。

グローバル・フェスタは、今回東京都主催の緑化フェスタと同じ日比谷公園で開催されたため、NGOブースはかなり奥の方に追いやられどうなるかと思いましたが、暑さの残る土曜日も、雨がちだった日曜日も多くの方に来ていただきました。特に今回はKiva Japanや Living in Peaceという、同じようにマイクロファイナンス機関への出資を募る団体と隣接した形で出させていただいたので、お互いに協力し合い、また来た方にも勧め合うということができたのは収穫だったと思います。今後も協力していきたいと考えています。

oiko20121018161853d30.jpg

社会的国際シンポジウムのベンさん(一番右端)

国際シンポは、200人近くの参加者で盛況でした。リーフレットは、ARUNの方があらかじめ各席に配布してくださっていて、それを食い入るように見ている人が少なからずいました。司会をしておられたのが、オイコクレジット・ジャパンの出資者でもある土屋さんで、日本のSA組織の存在にも触れていただきました。

ベンさんのキーノート・スピーチでは、営利事業とチャリティーとの対比で社会的投資とオイコクレジットのポジションの説明があり、オイコクレジットはmodestな利益は追求するが、それ以上に社会的な役割を重視することが明確に語られました。その後ベンさんは多くの方に囲まれていて、関心の高さを実感しました。その後の懇親会で多くの若い方達がオイコクレジットの仕組みについて聞いてきました。今後もこのような潜在的投資家の皆さんに出会う機会を増やしていきたいものです。(この項岡本代表記)


10月7日午前中の、ベンを囲んでの会合には、6名の組合員の方が参加。あらかじめ纏めておいた質問や、初歩的、あるいは個人的な質問にも、ベンさんが丁寧に応えてくださいました。


(下記、ベンさんとの会合や、午後のシンポに参加された清水さんの感想です)

平素より人権保護の視点から国際協力に関心を持ち、日々の生活を通して自分にできることを考え行動することを心がけている者の一人です。先日都内で開催された「ソーシャルインベストメント国際シンポジウム」にゲストスピーカーとして参加するために来日された、オイコクレジット本部マネージング・ダイレクターのBen Simmes氏と直接対話する機会に恵まれ、オイコクレジット・ジャパン組合員の一員として参加致しましたが、ベンさんから率直なお話を伺えたこと、またその内容に大いに刺激を受けまた。

貧困から脱却すべく日々努力している人々へ、一時的な寄付ではなく対等なパートナーとして投資というかたちで協力することに、継続的支援が可能である点でオイコクレジットの活動に常々共感し賛同しておりましたが、ベンさんがこれまで経験した困難な事例に関する話も含め、彼自身がオイコクレジットのメンバーやパートナー、そしてそれぞれのプロジェクト(開始前の綿密なリサーチ含む)を心から信頼し、オイコクレジットの取り組みに大きな自信を持って日々丁寧に活動されていることが、彼のお話から非常によく理解できたことが、自分自身にとって大変大きな収穫であったと感じています。

また、シンポジウムでもお話があった、オイコクレジットが実現する社会的責任投資(Social return with modest financial return / 社会的リターンと穏当な経済的リターン)について、またその二つのリターンのバランスについて再び考えるいい機会となったと同時に、オイコクレジットの活動に改めて共感し今後も一員として支援し続けたいと強く実感致しました。
Ben@kamakura.jpg
静かな鎌倉をご案内しました
スポンサーサイト
( 2012/10/18 16:41 ) Category イベント | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

オイコクレジット・ジャパン

Author:オイコクレジット・ジャパン
|
世界には、勤勉に働きながら、なんとか生計を維持することしかできず、貧困から脱却できない人々がいます。また、地域の人々が必要とする有益なサービスを提供しながら、それを拡大できない事業があります。

他方で、余剰資金を有意義な活動に活かしたいと考えている市民、一般の金融機関を通すと、地球や地域社会に有害な私達が望まない活動に流用されるかもしれないことを不愉快に感じている地球市民も数多くいます。

Oikocreditは、この両者をつなぐ「社会的責任投資」のための国際組織です。心ある人々から出資を募り、貧困からの脱出に日々努力している人々や、地域社会の発展に有益な事業にとりくむ人々に、地域社会への恩恵の還元や女性の社会的地位の向上といった独自の基準を適用して投資をおこなっています。

皆さんも、この「Investment in People(支援する価値のある人々への投資)」に参加し、お金の流れをかえて行きませんか?

オイコクレジット・ジャパンは、Oikocreditの日本における支援組織(サポート・アソシエーション)です。

代表 岡本眞理子
(日本福祉大学国際福祉開発学部教授)

連絡先
<事務局>
〒564-0051
大阪府吹田市豊津町43-27
小吹岳志気付

Tel/Fax:06-6339-3983
E-mail: japan@oikocredit.org



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。