オイコクレジット・ジャパン~出資でできる国際協力

私たちは、オランダに本部を置く<開発協力のための協同組合>オイコクレジットの、日本で唯一の支援組織(SA)です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ベン・シムズ事務局トップが国際シンポ@東京に登壇 

オイコクレジット本部の事務局の責任者である、ベン・シムズ氏が、下記社会的投資の国際シンポジウムに登壇します。参加費が高額ですが、これだけのメンバーが集まることはまずないので、是非ご参加ください。

またシムズ氏とオイコクレジット・ジャパンの組合員との対話を、10月7日朝に計画しています。シムズさんにレクチャーを受けてから、シンポジウムに望むというのもいいかも。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

    ソーシャル・インベストメント 国際シンポジウム
    International Symposium on Social Investment
   ~CREATING OUR FUTURE THROUGH SOCIAL INVESTMENT~

      日時:10月6日(土)、7日(日)  
      会場:日本財団ビル(東京・虎ノ門)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


ARUN合同会社では、カンボジアの社会的企業への投資活動を実践すると
ともに、社会的投資の普及啓発を目的とした勉強会、シンポジウムを
日本およびカンボジアで開催してきました。

この間、世界的にもインパクト・インベストの発展や個人向けの社会的
投資債券・ファンドの販売が進み、また投資先となりうる有望な社会起
業家も先進国/途上国双方で台頭し、社会的投資はいまや世界的な潮流
となりつつあります。

こうした背景を踏まえ、ARUNでは、社会的投資を実践するオランダ、
アメリカ、インドのソーシャル・ファンドの実務者、投資先の社会的起業家
を招いた国際シンポジウムを東京で開催することとなりました。

世界の社会的投資の最前線の潮流や、そのインパクト、また解決すべき
課題とその解決方策について、参加者の皆様と楽しみながら感じ、考える
場としたいと考えています。

シンポジウムは二日間に渡り、一日目は海外ゲストからの講演やパネル
ディスカッション、二日目は様々なテーマに分かれた分科会で構成される
予定です。参加者の皆様との交流できる楽しい企画も、できる限り盛り込み
たいと考えています。

より多くの方にご参加いただき、日本における社会的投資の流れを、
皆様と共に盛り上げていきたいと考えています。

ぜひ、ふるってご参加ください。

※本イベントは国際交流基金の助成を受けて開催いたします。

■日時:2012年10月6日(土)、10月7日(日)
-10月6日(土)13:00~17:30(12:00受付開始)、18:00~懇親会
-10月7日(日)13:30~18:00(13:00受付開始)

■会場:日本財団ビル
  (地図は以下のURLをご参照ください)
 http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html
 最寄駅:地下鉄銀座線「虎ノ門駅」、南北線「溜池山王駅」、
     丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」

■主催:一般社団法人ARUN LAB
※ARUN LABはARUN合同会社の関連団体として、セミナーや
 勉強会の企画運営、社会的投資に関する調査研究を担っています。

■後援:(独)国際協力機構(JICA)

■プログラム概要(予定)
1日目:10月6日(土) シンポジウム (同時通訳あり)

12:00 開場  

13:00 開会のご挨拶 ARUN合同会社代表 功能聡子 

13:15 基調講演 「ソーシャル・インベストメントの原理と実践」      
 オイコクレジット(オランダ)マネージング・ディレクター Ben Simmes氏

 #1974年の発足以来、社会的投資の最前線で活動してきた
  オイコクレジット。経験に裏打ちされたその原理と実践の
  在り方についてお話しいただきます。  
  
13:45 事例紹介「世界のソーシャル・インベストメント最前線」
 コーディネーター:ARUN合同会社パートナー 西岡佐知子
 パネリスト:  
 ARUN合同会社(日本) カンボジア事務所マネージャー LEM Chansamrach
 アキュメン・ファンド(米) ビジネス・マネージャー Molly Alexander氏
 アビシュカル(インド) マネージング・ディレクター Vineet Rai氏

 #それぞれのソーシャルファンドの歴史、投資活動、これまで
  達成した成果についてご紹介いただきます。

15:00 休憩

15:15 プレゼンテーション
   「起業家から見た社会的投資のインパクト」
  (登壇者調整中)

 #ARUNの投資先であるカンボジアの社会起業家をお招きし、
  その先駆的な事業内容をご紹介いただくとともに、
  起業家視点からみた社会的投資の意義とインパクトについて
  お話しいただきます。    

16:15 パネルディスカッション
   「社会的投資のインパクトをどう高めていくか
    ~世界の取り組み、そして日本での実践へ~」  

 コーディネーター:ARUN合同会社パートナー 佐藤寛
 パネリスト:
 Ben Simmes氏、Molly Alexander氏、Vineet Rai氏、功能聡子
 
 #社会的投資がそのインパクトを最大限に発揮するには
  どのようにすればよいか。各ファンドの多様な実践を踏まえ、
  これからのあり方を議論します。

17:30 閉会のご挨拶および2日目のご案内 
ARUN合同会社ディレクター 土谷和之

18:00 懇親会

 #お食事と飲み物を皆様と楽しみながら、登壇者、参加者同士の
  交流を深める場としたいと思います。

20:00 懇親会終了


2日目:10月7日(日) 分科会セッション

13:00 開場  

13:30 分科会開会のご挨拶

13:45 分科会(パート1)

A-1 「社会的投資の革新的プロセスとその挑戦」
 津崎宏行(ARUN合同会社ディレクター)、Ben Simmes氏、Molly Alexander氏、
 Vineet Rai氏

 #社会的投資は、従来のファイナンスでは届くことのできない新しい金融
  のフロンティアを創り上げることができるかもしれません。本分科会では
  そのための新しい方策について海外のソーシャル・ファンドを交えて議論
  します。
  

B-1 「途上国のソーシャル・ビジネス・プランニング」
 武田健吾(ARUN LABメンバー)、カンボジアの社会起業家等
 
 #ARUN LABではカンボジアで日本人学生・カンボジア人学生双方が参加する
  ソーシャル・ビジネスプラン・コンテストを開催しています。本分科会
  ではその成果を共有するとともに、現地の起業家を交えて途上国での
  ビジネスプランのあり方について議論します。学生主体のセッションですが
  社会人の方の参加も大歓迎です。

15:15 カフェ・サロン
   
 #カフェ形式で自由に参加者のみなさんが交流できるスペースを設けたいと
  考えています。

16:00 分科会(パート2)

A-2 「社会的投資のインパクトをどう計測するか」
 岩田まり(ARUN合同会社パートナー)、佐藤寛、Ben Simmes氏、
 Molly Alexander氏

 #ソーシャル・ファンドにとって、そのインパクトをどう計測し、報告する
  かは大きな課題です。海外のソーシャル・ファンドやARUNの実践例
  をベースに、より良い計測手法やレポーティングのあり方について
  議論します。

B-2 「社会的投資における公共セクターや財団の役割」
 土谷和之、西岡佐知子、Vineet Rai氏、国際協力機関や財団関係者等

 #社会的投資は個人や企業の出資だけではなく、国際協力機関や民間財団の
  資金を活用することにより、その規模を拡大できる可能性があります。
  また海外のソーシャル・ファンドには公共セクターの資金を活用している
  事例も多くあります。本分科会ではこうした多様な資金・リソースを
  どう社会的投資に活用するべきか、議論します。


17:30 クロージング・セッション
    ARUN合同会社代表 功能聡子
ARUN合同会社パートナー 北城恪太郎(日本IBM株式会社 相談役)

18:00 閉会

※プログラムの詳細については変更となる可能性がございます。
 あらかじめご了承ください。

■参加費 (2日間通しがお得になっています)

 -2日間通し 一般 6,000円/学生・ARUNパートナー・ARUNLAB会員 3,000円
  (1日目懇親会費含む)

 -1日目のみ 一般 4,000円/学生・ARUNパートナー・ARUNLAB会員 2,000円
  (懇親会費含む)

 -2日目のみ 一般 3,000円/学生・ARUNパートナー・ARUNLAB会員 1,500円


■参加するソーシャル・ファンドのご紹介

ARUN合同会社(日本)
・・・2009年発足。日本の個人・企業からの出資金を原資とし、途上国の社会
   起業家に対する投資やハンズオン支援を行う。現在はカンボジアを対象
   としており、4つの社会的企業(農業、ファッション、IT、観光分野)
   に投資している。またJICAと連携し、途上国の社会的企業のバリューアップ
   や社会的投資の可能性に関する調査も実施している。

オイコクレジット(oikocredit、オランダ)
・・・オランダに本部を置く「開発協力のための協同組合」で、1974年に世界
   キリスト教協議会の余剰資金を社会的に有意義に活用するために発足。
   途上国の協同組合やマイクロファイナンス組織、フェアトレード組織など
   に対して、資金融資や投資を行っている。

アキュメン・ファンド(Acumen Fund、米国)
・・・2001年、ロックフェラー財団、シスコシステムズ財団、そして3人の
   慈善事業家からの投資によって創設。ビジネスの手法を用いて世界の
   貧困問題の解決する非営利のグローバル・ベンチャー・ファンド。
   途上国において低所得者層の基礎的ニーズに応える事業(医療、住宅、
   水、エネルギー、農業等)に投資している。

アビシュカル(Aavishkaar、インド)
・・・2002年に設立された、インドの農村部及び半都市部の開発を推進する
   ベンチャーファンド。当該地域の収入向上や商品・サービスの提供に
   役立つと考えられる中小企業を支援し、その成長と社会的インパクトの
   拡大を目指している。


■海外からの登壇者のご紹介 (各URLをご参照ください)

ARUN合同会社カンボジア事務所マネージャー  LEM Chansamrach
http://www.arunllc.com/arunについて/現地事務所情報/

オイコクレジット マネージング・ディレクター Ben Simmes氏
http://www.oikocredit.org/en/who-we-are/people/management-team/ben-simmes

アキュメン・ファンド ビジネス・マネージャー Molly Alexander氏
http://www.acumenfund.org/about-us/our-team/molly-alexander.html

アビシュカル マネージング・ディレクター  Vineet Rai氏
http://www.aavishkaar.in/people/


■申込方法
お手数ですが、10月3日(水) までに以下のサイトにアクセスし、必要事項を
ご記入ください。
https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dGo0R0M5bTFQMG9DcUlQNG5oZVJoMHc6MQ#gid=0





スポンサーサイト
( 2012/08/28 17:15 ) Category イベント | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

オイコクレジット・ジャパン

Author:オイコクレジット・ジャパン
|
世界には、勤勉に働きながら、なんとか生計を維持することしかできず、貧困から脱却できない人々がいます。また、地域の人々が必要とする有益なサービスを提供しながら、それを拡大できない事業があります。

他方で、余剰資金を有意義な活動に活かしたいと考えている市民、一般の金融機関を通すと、地球や地域社会に有害な私達が望まない活動に流用されるかもしれないことを不愉快に感じている地球市民も数多くいます。

Oikocreditは、この両者をつなぐ「社会的責任投資」のための国際組織です。心ある人々から出資を募り、貧困からの脱出に日々努力している人々や、地域社会の発展に有益な事業にとりくむ人々に、地域社会への恩恵の還元や女性の社会的地位の向上といった独自の基準を適用して投資をおこなっています。

皆さんも、この「Investment in People(支援する価値のある人々への投資)」に参加し、お金の流れをかえて行きませんか?

オイコクレジット・ジャパンは、Oikocreditの日本における支援組織(サポート・アソシエーション)です。

代表 岡本眞理子
(日本福祉大学国際福祉開発学部教授)

連絡先
<事務局>
〒564-0051
大阪府吹田市豊津町43-27
小吹岳志気付

Tel/Fax:06-6339-3983
E-mail: japan@oikocredit.org



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。