FC2ブログ

オイコクレジット・ジャパン~出資でできる国際協力

私たちは、オランダに本部を置く<開発協力のための協同組合>オイコクレジットの、日本で唯一の支援組織(SA)です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【OCJメルマガNO.25( 2012-3-21】  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆ オイコクレジット・ジャパン・ニュース No.25◆◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東北被災地への義援金分配が遅れる中、被災地応援ファンドが脚光を浴び、市民ファン
ドが見直されています。ミュージック・セミュリティーズが発売した応援ファンド「セ
キュリテ」は、37種類、募集総額9億円の内、6億円近くを売り上げ、経産省の「ソ
ーシャルビジネス・ケースブック」(震災復興版)」にも掲載されました。私も菱屋酒
造という地元の造り酒屋(趣味の問題ですが)に出資、先日配当として新酒3本が届け
られました。今回の被災企業への出資により、地元経済の活性化に寄与する大切さから
、先日お伝えした「非営利金融事業支援法」案も、営利・非営利の区別を付ける必要が
あるのか?という疑問が投げかけられ、当初から私が主張してきたように、「社会的金
融基本法」という形に落ち着きそうです。
http://oen.securite.jp/
--------------目次-------------------------------
1.ワンワールド・フェステイバル出店&セミナー報告2/4-5
2.ハイチの現状
3.オイコクレジットのフェアトレード・チョコレート
4.2011年の総括のプレスリリースが発表
5.オイコクレジット2011年12月末現在の実績
6.アースデイ神戸出店決定!5/4-5
7.オイコジャパンの振込先
--------------------------------------------------
1.ワンワールド・フェステイバル出店&セミナー2/4-5
遅くなりましたが、2月4-5日に開催されたワンワールド・フェスティバルでの、出
店、セミナー報告をさせていただきます。

《シンポジウム みんなで変えるお金の流れ》
SRI(社会的責任投資)の専門家、銀行員、私たちと同じく海外への出資を募っているK
IVA JAPANやARUNなどに登壇いただき、本来あるべきSRIとは? NPOとの共同事例、海
外協力の新しいカタチとしての「出資」など、様々な観点から、「社会的金融」のあり
方について議論をいただきました。銀行の投融資のあり方を糾してこられたJCBLの清水
さんが、ヨーロッパでの大雪のため登壇できないというハプニングもありましたが、出
店されていた内海さんに急遽出ていただくことで、事無きを得ました。参加者は30人と
決して多くはありませんが、新しい金融の取り組みに、熱心に耳を傾けておられました


《セミナー出資でできる途上国支援》
上記シンポにも登壇いただいたKIVA JAPANやARUN、そしてオイコクレジットの出資説明
会という形になりました。こちらも約35人の出席をいただき、三者三様の取り組みと、
市民の関わり方に、熱心な質問が続きました。特に今回KIVAに入っていただいたという
ことで、より違いが鮮明になったと思います。

《共同出店》
入口から入ってすぐという好位置に出店できたので、参加者の目に必ず入る、3年連続
で出店している、3組のオプションを提供できるなど、好条件が重なったこともあり、
例年より多くの方に関心を持っていただきました。KiVAのボランティアが何人か東京か
ら駆けつけていただき、昨年より活気づいたと思います。

写真を下記サイトに貼り付けていますので、ご覧ください。
http://oikocredit.blog32.fc2.com/blog-category-4.html#entry171

2.ハイチの現状
東日本大震災から1年がたちました。復興が遅々として進まないのが歯がゆいところで
すが、2010年に起きたハイチ大地震も忘れてはならないと思います。この地震で亡くな
られた人は31万6,000人、移住を余儀なくされた人は少なくとも100万人にのぼり、首都
のポルトープランスはほぼ壊滅し、未だハイチの人々の80%が貧困線以下にあるという
、まさに国家崩壊の危機にあります。オイコクレジット・マイクロファイナンス・パー
トナーFonkozeのレポートをお読みください。
http://oikocredit.blog32.fc2.com/blog-entry-172.html

3.オイコクレジットのフェアトレード・チョコレート
オイコクレジットはマイクロファイナンス機関だけでなく、フェアトレード団体にも融
資しています。1998年に設立されたイギリスのディバイン・チョコレートは、株式の40
%を、ガーナのカカオ組合、クアパ・ココが所有する、完全なフェアトレードを実現し
ています。オイコクレジットは2006年からディバインに、総額約240万ドルの融資を行
なっています。そこで販促用に、オイコクレジット・ブランドのチョコを作っていただ
き、ワンフェスやセミナーで配布して大好評でした。ご希望の方は、事務局までご連絡
ください。
ガーナ産のカカオを70%使用、マラウィの砂糖を使った、フェアトレード認証チョコ
レートです。
写真はこちら↓
http://oikocredit.blog32.fc2.com/blog-entry-176.html

4.オイコクレジットの2011年総括
オイコクレジットの2011年の総括が、3月13日プレスリリースされました。20
11年は下記の実績にあるように、資本残高は5億2000万ユーロと、2010年の
4億8100万ユーロに比べ8%増加し、パートナー数は896で、これによって26
00万人以上の人々が、公平な金融や、経済的機会、地域社会の発展などにアクセスす
るのが可能となっています。

オイコクレジットの純資本流入額は4000万ユーロで、新しく投資家となった人数は
2000人。この結果投資家数は世界合計で4万5000人に達した。オイコクレジッ
トの2011年利益は1590万ユーロで、うち970万ユーロ(メンバー払い込み資
本の2%)が予定配当額となっています。

年初に予定されたとおり、アフリカでの投資を積極的に推し進め、投資額のうちの15
%に相当する7500万ユーロをアフリカの17カ国に投資されています。

2012年はアフリカでのさらなる業務拡大に加えて、エクイティ・ポートフォリオの
拡大と、農業プロジェクトでのファイナンスを目標にしています。

詳しくは、下記記事参考にしてください。日本語です。
http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201203143107/

5.オイコクレジット2011年12月末現在の実績
資本残高合計             5億2000万ユーロ
融資プロジェクト・パートナー合計   896
(全プロジェクト・パートナーのうち)マイクロファイナンス・パートナー数    
       607
業務開始以来の投資数         2,396
全ポートフォリオの平均融資規模    40万6,287ユーロ
マイクロファイナンス機関に対する平均融資規模
                   45万4,597ユーロ

オイコクレジットのマイクロファイナンス・パートナーがサービスを提供した借り手の
人数     約2600万人
*その内、女性顧客の割合        84%
*その内、農村地方の顧客の割合     50%
 
活動国数              70カ国
出資者の数         約45,000(団体・個人含む)

詳しくは、下記サイトご覧ください。
http://oikocredit.blog32.fc2.com/blog-entry-164.html

6.アースデイ神戸出店決定!5/4-5
今年のアースデイ神戸に出店が決定しました。マイクロファイナンスとオイコクレジッ
トについてのワークショップも開催します。詳細はまたご連絡いたします。GWのど真ん
中ですが、ご予定ください。当日お手伝いいただけるボランティアも募集いたします。

日時:2012年5月4日(金・祝)5日(土・祝)
会場:みなとのもり公園(神戸震災復興記念公園)
アクセス:各線三宮駅から徒歩10分、ポートライナー「貿易センター駅」徒歩1~2分

アースデイ神戸2012
http://earthdaykobe.com/

7.オイコクレジット・ジャパンの振込先が変わっています。
【振込先】
郵便振替:00930-8-321790
加入者名:オイコクレジット・ジャパン
(また郵便局のATMを利用すると送金手数料が安くなります。)

〔銀行からの振込み〕
ゆうちょ銀行 0九九(ゼロキュキュウ)店(099)
当座預金 0321790
名義:オイコクレジット・ジャパン

〔ゆうちょ銀行に口座がある方〕
総合口座
記号:14190
番号:81141891
口座名義:オイコクレジット・ジャパン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オイコクレジット・ジャパンは、途上国のマイクロファイナンス機関やフェアトレード
団体、生産者組合などへ投融資を行う、オランダの協同組合オイコクレジットへの出資
を募るための任意組合です。このニュースは、組合員、社会的金融、マイクロファイナ
ンスに関心のある方にお送りしています。不要の方は下記までメールでご連絡ください
。なお、過去のニュースは、下記のブログでご覧になれます。
++++++++++++++++++++++
オイコクレジット・ジャパン
事務局長 小吹岳志
〒564-0051 吹田市豊津町43-27
TEL&FAX : 06-6339-3983
japan.sa@oikocredit.org
jafs-samasama@nifty.com
http://oikocredit.blog32.fc2.com/(日本語)
http://www.oikocredit.org/site/en/(オイコクレジット本部・英語)
++++++++++++++++++++++



スポンサーサイト
( 2012/04/16 13:09 ) Category メールマガジン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

オイコクレジット・ジャパン

Author:オイコクレジット・ジャパン
|
世界には、勤勉に働きながら、なんとか生計を維持することしかできず、貧困から脱却できない人々がいます。また、地域の人々が必要とする有益なサービスを提供しながら、それを拡大できない事業があります。

他方で、余剰資金を有意義な活動に活かしたいと考えている市民、一般の金融機関を通すと、地球や地域社会に有害な私達が望まない活動に流用されるかもしれないことを不愉快に感じている地球市民も数多くいます。

Oikocreditは、この両者をつなぐ「社会的責任投資」のための国際組織です。心ある人々から出資を募り、貧困からの脱出に日々努力している人々や、地域社会の発展に有益な事業にとりくむ人々に、地域社会への恩恵の還元や女性の社会的地位の向上といった独自の基準を適用して投資をおこなっています。

皆さんも、この「Investment in People(支援する価値のある人々への投資)」に参加し、お金の流れをかえて行きませんか?

オイコクレジット・ジャパンは、Oikocreditの日本における支援組織(サポート・アソシエーション)です。

代表 岡本眞理子
(日本福祉大学国際福祉開発学部教授)

連絡先
<事務局>
〒564-0051
大阪府吹田市豊津町43-27
小吹岳志気付

Tel/Fax:06-6339-3983
E-mail: japan@oikocredit.org



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。