オイコクレジット・ジャパン~出資でできる国際協力

私たちは、オランダに本部を置く<開発協力のための協同組合>オイコクレジットの、日本で唯一の支援組織(SA)です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

業界を苦しめるコーヒー価格 

アラビカコーヒー価格は、4月に34年ぶりの高値を付けました。これは、ケニヤやブラジル、コロンビアの生産量が少なかったにもかかわらず、中国やブラジルの需要が増えて、大変な供給不足が生じたためです。投資家の興味は株式よりも商品に向き、ドル安が価格上昇に拍車をかけました。今後、フェアトレード・コーヒー・チェーンのプレーヤーたちにどのような影響が予想されるでしょうか?

コーヒー業界は、コーヒー栽培農家から輸入業者に至るまで価格上昇の恩恵を受けていますが、現在の市場の課題にも直面しています。オイコクレジットには協同組合や連合のパートナーが288ありますが、その多くがコーヒー生産にかかわっています。コーヒー価格は4月の最高値から下がったとはいえ、今後2年間は高く推移すると思われます。この結果として、オイコクレジット副地域ディレクターのEduard Walkersによると、コーヒーの生産量は非常に増えるとのことです。

「コーヒー価格が高ければ、コーヒー栽培園が農家の「家族」収益を増やそうとする動機づけになり、間違いなく生産を増やして収穫高を上げようとするでしょう。けれども、高値により栽培農家の利益を増やすことができる半面、気候変動や、生産コスト増、運転資本の必要性が高まるために、さまざまな課題にも直面します。」
-Eduard Walkers談


図3
Chajulはオイコクレジットが支援するコーヒー組合のひとつ

ペルーのオイコクレジット国別マネージャーのCarina Torresは、高値によりコーヒー組合が不安定になる可能性もある、と言います。

「コーヒー組合員が組合以外の第三者にコーヒーを売る事態が生じるかもしれません。民間コーヒー販売業者が小規模栽培農家に、短期的にみれば組合より高い値段でコーヒーを売ってくれと言い寄るかもしれません。けれども、こういった民間業者から農家が得られる恩恵や支援は短期的な高値以外に何もありません。大切なのは、組合が会員としっかり絆をもち、確実にコーヒーを提供してもらうようにすることです。」
-Torres氏談


フェアトレード認証組織は商品市場価格に合わせてアラビカコーヒーのフェアトレード最低価格をひき上げました。けれども懸念は農家の出荷価格だけにとどまらず、余波はフェアトレード生産チェーンにかかわる他の人々も既に感じています。フェアトレード輸入業者は、コーヒー生産者に収穫の前払いや希望通りの支払いをする運転資本が足りなくなるかもしれません。

オイコクレジットの場合、安定したサプライチェーンには生産組合からフェアトレード輸入業者に至るまで、コーヒー産業に従事するパートナーたちと長期にわたる密接な関係をもって財政支援することが不可欠です。

「キャパシティビルディングや実践トレーニングも大切です。特に、リスク管理やガバナンスではそうです。」
-Walker氏談


図2
月別平均コーヒー価格(アラビカ種とロブスター種)ICO=国際コーヒー機構による

Oikocredit E-zine October 2011より
(翻訳協力:堀内美鈴)
スポンサーサイト
( 2011/11/07 17:08 ) Category 最近のニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

オイコクレジット・ジャパン

Author:オイコクレジット・ジャパン
|
世界には、勤勉に働きながら、なんとか生計を維持することしかできず、貧困から脱却できない人々がいます。また、地域の人々が必要とする有益なサービスを提供しながら、それを拡大できない事業があります。

他方で、余剰資金を有意義な活動に活かしたいと考えている市民、一般の金融機関を通すと、地球や地域社会に有害な私達が望まない活動に流用されるかもしれないことを不愉快に感じている地球市民も数多くいます。

Oikocreditは、この両者をつなぐ「社会的責任投資」のための国際組織です。心ある人々から出資を募り、貧困からの脱出に日々努力している人々や、地域社会の発展に有益な事業にとりくむ人々に、地域社会への恩恵の還元や女性の社会的地位の向上といった独自の基準を適用して投資をおこなっています。

皆さんも、この「Investment in People(支援する価値のある人々への投資)」に参加し、お金の流れをかえて行きませんか?

オイコクレジット・ジャパンは、Oikocreditの日本における支援組織(サポート・アソシエーション)です。

代表 岡本眞理子
(日本福祉大学国際福祉開発学部教授)

連絡先
<事務局>
〒564-0051
大阪府吹田市豊津町43-27
小吹岳志気付

Tel/Fax:06-6339-3983
E-mail: japan@oikocredit.org



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。