オイコクレジット・ジャパン~出資でできる国際協力

私たちは、オランダに本部を置く<開発協力のための協同組合>オイコクレジットの、日本で唯一の支援組織(SA)です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

IFAT(国際フェアトレード連盟)とオイコクレジット 

フェアトレードはどんな人にもチャンスをくれる

Stefan Durwael氏はフェアトレードにかかわりながら‘人生のすべて’を過ごしてきました。まず彼はオランダのフェアトレード・オリジナルで(2004年までの)25年間,取締役(a director)をつとめ, またマックス・ハベラ-・ラベルの最初の理事/役員(the first board of directors)になりました。1989年には国際的フェアトレード団体ネットワークである国際フェアトレード連盟(IFAT)の設立に加わり,現在その取締役(its director)です。

「フェアトレードは開発援助の最高のかたちです。どんな人にもチャンスをくれるのですから。」
このように述べるStefanさんに,フェアトレードの一番重要な点とその将来展望を聞きました。

IFAT(国際フェアトレード連盟)のことを詳しく教えて下さい

「IFATには二つの大切な役割があります。ひとつはフェアトレードに対する信頼を築くことです。たとえば,私たちは生産者や消費者との約束はかならず守ります。もうひとつはフェアトレード商品市場の拡大です。まず私たちは生産連鎖の初めから終わりまですべてチェックして,おたがいに‘言うこととすることが一致しているか’気をつけています。さらに,個人や会社がフェアトレード商品を検索できるホームページもつくりました。これでフェアトレード商品の需用と供給バランスがとれるのではないかと思います。」

「IFATは包括的な組織です。生産者,輸出業者,輸入業者,卸売業者,チェーン店,支援組織など,フェアトレードにかかわるさまざまな団体が私たちとつながっています。現時点で320団体が加盟していますが,会員相互の組織的な協同を模索しているところです。IFATができるまで,世界中の(北と南の)フェアトレード団体は自分たちの経験を共有するために集まっていましたが,組織されたものではありませんでした。IFATができて,組織としてしっかりした方針をもてるようになりました。」

IFATの立場では,フェアトレードはいつ始まりますか?いいかえると,会社はどの時点でIFATのロゴを使えますか?

「ある組織が,フェアトレードの条件を満たして業務や生産の全てを行っていれば,その組織はフェアトレード組織であると名乗ることができます。たとえばフェアトレードの条件として,児童労働は論外ですが,人権の尊重があります。ただ,私たちが求めるのはそれ以上で,会社や組織のミッション(使命)を検討し,フェアトレードを推進するキャンペーンもするよう求めます。たんなる生産の一過程ではなく,生産者から消費者へ届くまでの連鎖のすべてが検討対象になります。」

IFATのメンバーであるオイコクレジットとの関わりは?

「フェアトレードで非常に大切なのは健全なローンです。つまり,高利貸しからの法外な利子によっておちいる悪循環から生産者がぬけだせるようにすることが大切なのです。オイコクレジットは商業活動であり,ローンによって生産は蓄えられ,給料が支払われます。オイコクレジットには金融機関としての現実感覚と市場の知識があるのです。」

「またオイコクレジットは幅広い業務を展開していますし,現在推し進めているフェアトレードキャンペーンはフェアトレードへの資金調達をとても増やしてくれています。オイコクレジットを草の根で支援する人々はフェアトレードに理解がありますね。」

あなたにとって,フェアトレードの強みとは?

「フェアトレードでは平等は当然のことなのです。どんな人にもチャンスがあります。フェアトレードは,お金のほどこしではなく利益を得ることにかかわります。ですから開発援助の最高の形だと思いますよ。」

フェアトレード運動はこれから,どうなっていくでしょうか?

「フェアトレードを実践すれば,自立できる人がどんどん増えていくでしょう。ここ数年間でも,フェアトレードは世界で年間30~40%の伸びが続いています。去年のココアの売り上げは100%増えました。一方で,手作り製品の伸びはいくらか出遅れています。」

「このような中にあって,私たちはラベル(商標)に注意しなければなりません。どれがフェアトレードでどれがそうでないかという見分けは,つねにはっきりしないからです。フェアトレードの成長とあわせてラベルやブランドも増えていくでしょうが,そのほとんどがIFAT基準以下のものだからです。」
スポンサーサイト
( 2008/07/23 14:49 ) Category フェアトレード特集 | TB(0) | CM(0)

フェアトレード運動(ブルースさんへのインタビュー) 

もっと質の高い取引を

さあ!家庭や学校,職場でフェアトレード商品をどんどん使うように友人や仲間に勧めましょう。フェアトレードは貧困削減に絶大な効果あり,です。世界で最初のフェアトレードタウン,英国ガースタング出身のフェアトレード活動家が熱く語ります。
bruce

ブルース(Bruce) Crowtherさんはフェアトレードタウン推進運動家です。彼は,「ごくふつうの誠実な人々が進歩した貿易のやり方で社会正義をおしすすめているよ。世間ではほとんど知られていないけどね。でも,だからといってこのアイディアに見切りをつけたりしないよ」と言います。

ことの始まりは,何年か前にさかのぼります。ブルースさんは自分の暮らす村で草の根レベルのフェアトレード支援がうまく得られず悩んだ末に,ある運動を始めました。それは,自分の村全体を「フェアトレードゾーン」に変える運動です。このアイディアは好評を博してどんどん広がり,2001年以降には英国内の300をこえるコミュニティーとその他の三大陸13カ国の100のコミュニティー(地域共同体)がフェアトレード支援世界宣言をしました。

英国の町,都市,村,島,市,州,地区は,規定の五つの目標を満たせばフェアトレードタウン・ステイタス(地位)を得ることができます。その目標には,たとえば地域で議会がフェアトレード商品を使って支援すること,店が様々なフェアトレードの品物を扱うことがあります。さらに地元メディアの参加も必要です。運動に参加して1年後にはステイタスの更新をしなければなりません。また2年後にも再度更新が必要です。

ブルースさんはずっと獣医業を続けていますが,フェアトレードの話は尽きません。
「フェアトレードタウン宣言は単に人目をひくための人気取り行為じゃないよ。コミュニティーがフェアトレードタウン・ステイタス宣言をすると,よーいどん!とスタート合図がかかるんだ。」

彼は現在,ブリティッシュ・フェアトレード・ファウンデーションでもパートタイマーで働いています。ブリティッシュ・フェアトレード・ファウンデーションは,英国内のフェアトレードマークの使用を認可したりフェアトレードタウンのイニシアティブを監督する団体です。ガースタングで2001年に運動を始めてから半年間で,地域の人々のフェアトレードマーク認知度は70%以上に高まりました。以来,フェアトレードタウン・イニシアティブはEUなどの融資を受けて他の国々にも広がりました。

2006年11月,ロンドンで開かれた第一回ヨーロッパフェアトレードタウン会議にはおよそ100名の代表が出席しました。第二回会議は2008年ベルギーのブリュッセルで開催予定です。会議の目的は,お互いの対話を進め,諸外国のフェアトレードタウン・イニシアティブ発展のためにベストを尽くして実践を積み上げることです。
( 2008/07/23 14:42 ) Category フェアトレード特集 | TB(0) | CM(0)

オーガニックジーンズ大流行 

オランダの衣料品ラベル(商標)Kuyichi製のジーンズ,セーター,Tシャツ,かばんが飛ぶように売れています。でもそれはあたりまえ。今はやりのKuyichi服は着ごこちがよく,長持ちしますから。しかも,すべてサステイナブル(持続可能)な方法で作られています。なのにKuyichiはフェアトレードへの貢献をおおっぴらに宣伝したりしません。取締役(director)のTony Tonnaerいわく,
「なによりも,私たちの服はとびぬけてかっこいい」んだそうです。

kyuichi


Kuyichiがここまで成功すると思っていましたか?

「4年ほど前からKuyichiで仕事をしていますが,うまくいくと思っていましたよ。よい労働条件で,できるだけオーガニックな流行りの服を作って販売する。このとりあわせの正しさをみんなにわかってもらえてとても嬉しいです。」

特に若い人々向けに販売するのはなぜですか?

「若者たちはこれからの未来に責任を負う立場にあるからです。しかもルックスにとても厳しい目を持っているし,自分たちが服を買う店を大事にしてくれますから。若者は衣服にかなりお金をかけます。しかも,ずばぬけてかっこ良ければお金を多少だしてもサステイナブルな服を買ってくれます。」

これからKuyichiはどうなっていくでしょうか?

「私たちの売り上げは,4年前に比べて8倍に増えています。これから4年間で,現在の850万ユーロの売り上げを三倍にしたいです。いまのところはまだヨーロッパでしか知られていませんが,ジーンズ市場で一流といわれる国際ブランドになりたいです。」

Kuyichiと契約している栽培農家や工場労働者たちの生活はよくなっていますか?

「Kuyichiはオーガニックコットン市場価格の30%増しの値段を栽培農家に支払います。工場の労働条件もよく,正規の労働時間で労働組合加入の権利があり,児童労働なし,などの条件が守られています。また,商品追跡システムも導入しました。商品追跡システムとは,衣服についている取扱(洗濯)注意ラベルに打ち込んである番号を,Kuyichiのホームページにアクセスして打ち込めば,その衣料商品がどこからきて,どのような工程をたどって消費者の元に届けられたのかをたどることができるシステムです。」
( 2008/07/23 14:34 ) Category フェアトレード特集 | TB(0) | CM(0)

事業をひろげるフェアトレードファッションブランド 

肝心なことはお金だけではない。これこそが他とはっきり一線を画すオイコクレジットの投資哲学です。

オイコクレジットは投資の際に,資金面とあわせて社会的な面からも見返りを評価します。けれども多くの商業銀行はそうではありません。ほとんどの金融機関は,資金的な見返りをあらかじめ算出してフェアトレードへの融資を断ります。

英国のフェアトレードファッションブランドのピープルツリーの場合は,いろいろと情報をしらべた末に,三年かかってやっと2007年の夏にオイコクレジットから50万ポンドのローン援助を受けることができました。このローンのほとんどは,インド,ネパール,バングラデシュ,ペルーの零細な仕入れ先(生産者たち)への前金に使われます。ピープルツリー・ブランドはフェアトレードファッションの草分けで,業務を通じて最高水準のフェアトレードと環境保全を推し進めています。
サフィア・ミニー

ピープルツリーの事業発展を支えているのは,カタログやホームページでの売り上げです。2007年の暮に,オイコクレジットはピープルツリーに追加株式投資をする予定です。オイコクレジットの株式投資マネージャーのStefan Harpeは,「ピープルツリーは社会的かつ資金的な見返りを確実に生み出すために環境や人々に関わっています。私たちはそれに期待し,今回の協働関係がうまく実を結んで,世界中の零細な生産者たちによろこんでもらえるのを楽しみにしています。」
( 2008/07/23 14:32 ) Category フェアトレード特集 | TB(0) | CM(0)

オイコクレジットとフェアトレード 

2008年オイコクレジット・フェアトレードポートフォリオを3倍に

フェアトレード・クレジットマネージャーのKees van den Burgさんは10年ほど前からオランダのアムスフォートにあるオイコクレジット本社で勤務しています。彼の仕事は,フェアトレード商品の欧米輸入業者と話をしたり,事業計画や年次報告書を分析してオイコクレジット・ローンにふさわしいか決定することです。輸入業者むけの最低ローン額は5万ユーロです。いつもおいそがしいvan den Burgさんにお仕事について聞きました。

「オイコクレジットは『正直なトレード』にとりくむパートナーに現時点で約1,100万ユーロの資金融資をしています。これは全世界ポートフォリオの5%にあたります。
この多額のフェアトレード・ポートフォリオは南の農業組合組織に貸し出され,オイコクレジットの地域事務所がその監督にあたります。ヨーロッパやアメリカのフェアトレード輸入業者にもローンを提供しています。」

「オイコクレジットはSolidaridad,Triodos,Stichting Stimulans,ICCO,Coordaidと協力して,たとえば若者向けの「正直な」衣料品を作っているKuyichiに資金調達しています。英国とアメリカでは,フェアトレードチョコレート・ブランドのディバイン・チョコレートに投資していますが,このブランドはガーナのココア農業者組合クアパ・ココーが株主の多くを占めています。」

メジャーな組織

フェアトレード投資が全ポートフォリオの5%と聞くと,あまり多くないと思われるかも知れませんが,van den Burgさんによれば,近年この割合が下がっているのには充分なわけがあるそうです。
「何年か前にはフェアトレードの占める割合は10%でしたが,2005年の国連フェアトレード年以降,オイコクレジットのマイクロファイナンス・ポートフォリオはフェアトレード部門より急速に伸びています。それでも,わたしたちは公正な融資に関しては(かなり)メジャーな組織です。2008年オイコクレジット・フェアトレードキャンペーンの目的の一つは,フェアトレード・ポートフォリオを10%に増やすことです。」

公正な融資

オイコクレジットの重要な目的の一つは,パートナーであるマイクロファイナンス団体をフェアトレード商品生産者と接触させることです。そしてこれこそ2008年のキャンペーンで最も大切なことです。

「私たちはフェアトレードが理想とする基本方針と連携しています。30年以上まえから,私たちは道理をわきまえた手頃な利子で公正な融資を行い,人々の労働機会や収入をふやしてきました。オイコクレジットがのぞんでいるのは,単にクレジットを受けられるようにするだけでなく,労働や商品に対しても充分な支払を受け取れるようにすることです。」

「私たちは発展途上諸国にあるたくさんのマイクロファイナンス団体に融資して,各地の生産物や,いわゆる南-南貿易を援助しています。工業諸国のフェアトレード市場に商品を作って輸出できる地方の生産者は限られていますからね。」

「また,フェアトレード商品輸入業者は通常の銀行からクレジットを受けることができるのに,地方の生産者たちは商業ローンを得られないことが多いのです。生産者たちには充分な担保がないからです。普通の銀行はコーヒーや手作り製品などの在庫品を担保とはみなしません。けれどもオイコクレジットは担保とみなします。ここが大きな違いです。」

不可欠な品質

「フェアトレード商品にはお金がかかるので,資金調達がとても必要です。消費者たちは市価よりも高い値段でフェアトレード商品を購入してくれますが,その見返りに優れた品質を求めます。たとえば,コーヒー豆の収穫はある一定期間内に行わないと品質が落ちてしまいます。ですから,生産者たちは収穫を迅速に進めるための労働力を確保しなければなりません。オイコクレジットはこういったあらゆる点から見て大切な働きをしています。」

「消費者はフェアトレードに関心がありますが,まだ充分とはいえません。その結果,フェアトレード商品市場は比較的小さく,ほとんどの生産者の場合フェアトレード基準で生産・販売ができる割合は全生産高の10~20%にしかすぎません。もちろんここから得られる収益は通常よりもいいですが,残りの80~90%を売りきるためにはフェアトレード市場以外の市場が必要です。このため結局,通常の市場価格を動かしがたいものにしてしまっています。残念なことですね。」
( 2008/07/23 14:27 ) Category フェアトレード特集 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

オイコクレジット・ジャパン

Author:オイコクレジット・ジャパン
|
世界には、勤勉に働きながら、なんとか生計を維持することしかできず、貧困から脱却できない人々がいます。また、地域の人々が必要とする有益なサービスを提供しながら、それを拡大できない事業があります。

他方で、余剰資金を有意義な活動に活かしたいと考えている市民、一般の金融機関を通すと、地球や地域社会に有害な私達が望まない活動に流用されるかもしれないことを不愉快に感じている地球市民も数多くいます。

Oikocreditは、この両者をつなぐ「社会的責任投資」のための国際組織です。心ある人々から出資を募り、貧困からの脱出に日々努力している人々や、地域社会の発展に有益な事業にとりくむ人々に、地域社会への恩恵の還元や女性の社会的地位の向上といった独自の基準を適用して投資をおこなっています。

皆さんも、この「Investment in People(支援する価値のある人々への投資)」に参加し、お金の流れをかえて行きませんか?

オイコクレジット・ジャパンは、Oikocreditの日本における支援組織(サポート・アソシエーション)です。

代表 岡本眞理子
(日本福祉大学国際福祉開発学部教授)

連絡先
<事務局>
〒564-0051
大阪府吹田市豊津町43-27
小吹岳志気付

Tel/Fax:06-6339-3983
E-mail: japan@oikocredit.org



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。